お知らせ

お知らせ

10月23日 除草作業のご協力

保護者 様

榎の会主催、本年度、第2回目の除草作業を下記の通り行います。

【開催日時】

   11月7日(土)10:30~11:30       

 職員玄関前にお集まりください。雨天時は延期となります。 前回、8月22日に行われた第1回の除草作業にも多くの保護者の方にご参加をいただきました。誠にありがとうございました。 引き続きご協力をお願いいたします。

PTA会長 吉野晃司

10月13日 陽性者が確認された際の対応

令和2年10月13日

市川市教育委員会

❖ 陽性者が確認された際の対応 ❖

 児童生徒や教職員に陽性者が確認された場合、保健所は、調査により特定した濃厚接触者に対してPCRによる行政検査を行います。
 もし陽性者との濃厚接触が校内で確認されたり、複数世帯・複数名の陽性者が判明したりするなど、校内での感染が心配される場合は、市独自の対応として、保健所による行政検査を受ける濃厚接触者を除いた、陽性者の学級や学年、部活動の児童生徒、教職員などに対して、市によるPCR検査を行います。その場合PCRの検査結果判明や校内の消毒完了までは、学校を臨時休業とします。

 本市の公立学校(園)では、6月の学校再開時から9月30日までの期間に、11校で19名の陽性者が確認されています。そのうちの5校で市によるPCR検査を実施し、3日間~8日間の臨時休業を行いました。
 これまで401名に対して実施した市によるPCR検査の結果は、全て陰性でした。また、19名の陽性者のうち15名が家庭内感染で、残りの4名も感染経路がほぼ判明しており、校内での感染は未だ確認されていません。
 そこで、これまで濃厚接触者の確認や消毒等のために実施していた臨時休業の規模を全校臨時休業から、原則学年や学級での臨時休業(学年閉鎖、学級閉鎖)といたします。
 決定にあたっては、陽性者の最終登校日や他の児童生徒との接触機会等を鑑みて、保健所とも相談しながら総合的に判断いたします。
 なお、仮に保健所や市によるPCR検査の結果、校内での感染拡大の可能性が高いと判断された場合は、全校の臨時休業に変更することや学年閉鎖や学級閉鎖の臨時休業を延長することもあります。

9月3日 保護者様へのお願い

市川市教育委員会
学校教育部 保健体育課

 保護者様へのお願い

市川市教育委員会

 8月26日付けで市川市教育委員会より、お子様の登校についてお願いをいたしましたが、改めてもう一度お願いをいたします。
 お子様の同居する家族が、濃厚接触者及び体調不良によりPCR検査を受ける場合、または新型コロナウイルス感染を疑うような発熱、強い倦怠感、咳が続く、のどに異常を感じる、においや味覚の異常を感じるなどの症状が見られる場合は、学校(園)に連絡の上、感染予防のため登校を見合わせていただくよう再度お願いをいたします
 また、COCOA(厚生労働省接触アプリ)から、陽性者との接触連絡を受けた場合はコールセンターと連絡を取り、PCR検査を受検の上、陰性が確認され、登校を許可されるまでは、登校を控えるようお願いいたします。
 この対応をしていただくことが、校内の感染を大きく防ぐことにつながります。よろしくお願いいたします。

8月26日 コロナウイルス感染予防に係るお願い

令和2年8月26日

保護者 様

市川市教育委員会

新型コロナウイルス感染予防に係るお願いについて

 残暑の候、保護者の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 8月18日から新学期も始まり、子どもたちの元気な声が聞こえるようになりました。
 夏季休業中は、新型コロナウイルス等の感染予防にご協力いただきありがとうございます。
 さて、新型コロナウイルス感染症についての報道が連日続いており、本市におきましても日常において感染拡大防止対策を十分に取りながら、お子様が充実した学校生活を送れるよう市川市版「新たな学校生活スタイルガイドライン」(http://www.city.ichikawa.lg.jp/edu06/1111000082.html)を令和2年7月30日に改訂いたしました。
 しかし、最近は家庭内での感染が増加傾向にあり、お子様の登校につきまして、改めて見直しを行いました。つきましては、新型コロナウイルス感染症の校内感染をできるだけ避けるために、下記の内容についてご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

  1.  お子様がPCR検査を受けることが決まった場合は、学校(園)に連絡の上、その日から陰性が確認されるまで登校(園)を見合わせてください。さらに、濃厚接触者でPCR検査を受けた場合は、陰性が確認された後も2週間程度自宅待機となります。
  2. お子様の同居する家族が、濃厚接触及び体調不良によりPCR検査を受ける場合、または新型コロナウイルス感染を疑うような発熱、強い倦怠感、咳が続く、のどに異常を感じる、においや味覚の異常を感じるなどの症状が見られる場合は、学校(園)に連絡の上、感染予防のため、お子様の登校を見合わせていただき健康観察をお願いいたします。
    ※この場合、「出席停止」の措置をとりますので、お子様は欠席にはなりません。「新たな学校生活スタイルガイドライン」では、「同居の家族に発熱等がある場合であっても児童生徒本人が元気な場合は登校して差し支えない」とされておりますが、児童生徒等の家庭内感染が増加の傾向にあることから、改訂する予定です。
  3. 今後、学校(園)から配付される健康観察カードに、同居家族の発熱等を記入する欄を設けました。同居家族に発熱等の症状が見られる場合は、健康カードへの記入をお願いいたします。
  4. お子様及び同居する家族に軽い風邪症状等が4日以上続く場合は、必ず帰国者・接触者相談センターに相談をしてください。なお、症状には、個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない場合も同様です。

【帰国者・接触者相談センター連絡先】
〇平日(午前9時~午後5時) 市川健康福祉センター(市川保健所)電話047-377-1103
〇平日時間外(午後5時~午前9時)、土曜日、日曜日、祝日(24時間)
県庁電話相談窓口(コールセンター)電話0570-200-613

8月25日 学校給食費に関するお知らせ

市川市立中学校保護者様

令和2年8月25日

市川市教育委員会

「学校給食費に関するお知らせ」 

~令和3年度からの徴収方法の変更について~

 

 学校給食費は、これまで多くの学校で集金日に児童生徒が現金を持参し、PTAの方々に集計作業等を依頼しておりましたが、市川市教育委員会では、令和3年度より口座振替等の徴収方法に変更する予定で準備作業を進めております。

 これは、①保護者・教職員の負担軽減 ②保護者の利便性の向上 ③透明性の向上・不正の防止 ④給食の安定的な実施・充実 ⑤多額の現金を取り扱うリスクの回避等を目的に、学校ごとに実施していた徴収・管理を市が一括して行うものです。(給食費の公会計化)

 現在、予定の段階ではございますが、次年度への大きな変更となりますので、お知らせさせていただきました。

 なお、手続等の詳細につきましては、正式決定後10月以降に文書にてご連絡いたします。