学校目標

 

令和4年度 行徳小学校 教育目標 「全力ENJOY! 」

~創立150周年!ふるさと行徳の歴史・伝統文化をつなぐ~

市川市立行徳小学校

行徳小学校は明治6年2月に徳願寺を仮校舎として開校し、昭和30年、現在の場所へ4度目の移動をした、令和5年2月、創立150周年を迎える、日本で1番古い小学校の1つです。長い歴史の中で地域に愛されてきました。

令和4年度の教育目標は、「全力ENJOY!~ふるさと行徳の歴史・伝統文化をつなぐ~」です。

私たちのふるさと行徳は、江戸と行徳を行き交う船を見守った「常夜灯」、現在の大河ドラマの北条政子が彫らせた阿弥陀如来像のある「徳願寺」、神社仏閣の街として「お神輿」や「行徳祭り」、海苔や魚介類、干潟の豊かな生き物を始め、近年では首都圏ベッドタウンとして妙典駅周辺のサービス産業など、多くの地域のゲストティーチャーの皆さまに支えられながら、貴重な体験学習を行っております。

引き続き、「行徳っ子ファミリー~家庭・地域・学校の協働~」による支え合い助け合いなど、本校教育発展のためお力添えのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

【①豊かな心②健やかな体③確かな学力】

①コミュニケーション・人間関係形成・他者貢献

②感染防止・自己免疫・危険回避

③自己受容・思考・表現