福栄小学校の紹介

福栄小学校は、市川市南部の南行徳地区の住宅地にあり、福栄1丁目と3丁目を学区としています。
 1985(昭和60)年に創立され、今年度で35年目を迎えます。全校児童310余名で13学級の小さな規模の学校です。
 およそ300名程の児童数なので全教員が概ね全児童を知ることができます。全教員で全児童を見ることのできる家族的な雰囲気の学校です。
 なかよしグループは1年生から6年生まで縦割りの少人数グループで構成し、上級生(お兄さん、お姉さん)が下級生(弟、妹)の世話を自然な姿でやっています。気持ちの優しい子どもが多く、友達や他の児童への気遣いも微笑ましいものがあります。縦割り小グループの活動も本校の特徴のひとつです。
 また、地域の栽培ボランティアの方々の御協力を得ながら、各学年で野菜や稲を育てています。
 校内に市民図書室も併設されているため、子どもたちにとって本がより身近に感じられます。さらに、開校当初から毎年読書祭りを実施してきました。読書ボランティアの方々の、おはなしふくろう便(読み聞かせ会)やPTA図書運営委員の方々の読み聞かせ会も行われています。
 
 平成29年度から、海洋教育パイオニアスクールの指定を受け、海や干潟の生き物等について学びを深めています。