塩焼小学校 沿革
年月日 で き ご と
昭和56年 4月 1日 市川市立行徳小学校,市川市立幸小学校から分離し,市川市立塩焼小学校として独立,
405名の児童を受け入れる。学級数15。
昭和57年 2月 10日 校歌制定式挙行,当日を開校記念日と正式に制定。 
  4月 24日 PTA設立総会,塩焼小PTA発足。
昭和58年 11月 6日 第1回塩焼まつり実施。
昭和63年 3月   校舎増築完成。
平成2年 2月 9日 10周年記念式典挙行。
平成8年 4月 1日 T.T.指導開始。ゆとろぎ相談室開室。
平成9年 4月 1日 外国人日本語指導教室開室。
平成12年 2月 25日 ビオトープとしての池完成。
  10月 22日 創立20周年記念行事
平成14年 4月   全クラス・インターネット接続
平成17年 4月   学区編成替え(妙典4.5.6 末広 変更)
平成18年 3月   PC全台入れ替え及びシンクライアント化
平成20年 4月   特別支援学級開級
平成22年 11月 20日 30周年記念式典挙行,文部科学省「学校図書館の有効活用」実践協力校
平成24年 2月    PC全台入れ替え及び校務支援、学習、図書館システム導入
平成25年     文部科学省「学校図書館担当職員の効果的な活用」実践協力校(~26年)
平成26年     千葉県NIE教育実践校
平成27年     文部科学省「学校司書の資格・養成の在り方や資質・能力に関する調査研究」実践協力校(~29年)
平成29年     第1回 CHIBAこども新聞コンクール 千葉県知事賞 
平成30年     妙典橋開通に伴い、通学路変更
令和元年     第69回 全国・小中学校・PTA新聞コンクール 文部科学大臣賞