校長挨拶

校長挨拶

 市川市立塩浜学園は、小中一貫教育の実施を目的とした義務教育学校です。
 昭和 56 年開校の塩浜小学校および昭和 57 年開校の塩浜中学校を統合し、平成 27 年 4 月に小中一貫校として新たに開校し、平成 28 年 4 月より義務教育学校となっています。
 小中一貫校として5年目を迎える本校ですが、塩浜小・中学校の伝統を受け継ぎつつ、 新たな伝統が息づき始めてきています。
 塩浜学園は、大きくみっつの柱にそって教育を進めています。
  ひとつは小中一貫教育です。 小中一貫教育は、子どもたちの学びと育ちを 9 年間という大きなくくりの中でとらえ直 すことができるため、子どもの発達段階に合わせた柔軟な教育活動が可能となります。
 本校では、義務教育学校だからこそできる取組として、弾力的な学年区分の設定や、早 期の教科担任制、部活動の導入等を行い、子どもたちの個性や能力を最大限に伸ばす教育 を進めています。
 ふたつめは、コミュニティ・スクールです。
 本校は平成 28 年度より、市川市の指定を受けて本市で初めてのコミュニティ・スクー ルとなっています。コミュニティ・スクールとは、保護者や地域の方が学校運営に参画し、 共に学校運営を進める仕組みのことです。このことによって、家庭・学校・地域が一体とな って、子どもたちのより良い教育環境の実現に取り組んでいます。
 そしてみっつめは、きめ細かな教育です。
 学校規模が小さいことを生かして、一人一人の学びや発達を支援するきめ細かな教育を 推進していきます。
 また今年度は、2020 年度の一体型校舎の完成、そして移転へ向けて、様々な準備を進め ていくこととなりますが、今後も地域とともにある学校として、保護者・地域の皆様と協 働し、教職員が一丸となって、子どもたち一人一人の生きる力を育んでまいります。

市川市立塩浜学園
校長 藤井 義康