校長挨拶

市川市立塩浜学園は、小中一貫教育の実施を目的とした義務教育学校です。

  昭和56年開校の塩浜小学校および昭和57年開校の塩浜中学校を統合し、平成27年4月に「小中一貫校 塩浜学園(通称)」として新たに開校し、平成28年4月、千葉県初の義務教育学校となりました。

  義務教育学校として6年目を迎える本校ですが、塩浜小・中学校の伝統を受け継ぎつつ、新たな伝統が息づき始めてきています。児童生徒は、昨年夏に完成した新校舎で学び、本年度の秋には、グランド・外構が完成し、完全に新しくなる「新生 塩浜学園」が誕生いたします。

  塩浜学園は、大きく3つの柱にそって教育を進めています。

  一つ目の柱は、「小中一貫教育」です。

  小中一貫教育は、子どもたちの学びと育ちを9年間という大きなくくりの中でとらえ直すことができるため、子どもの発達段階に合わせた柔軟な教育活動が可能となります。

  本校では、義務教育学校だからこそできる取組として、弾力的な学年区分の設定や、早期の教科担任制、部活動の導入等を行い、子どもたちの個性や能力を最大限に伸ばす教育を進めています。

  二つ目の柱は、「コミュニティ・スクール」です。

  本校は平成28年度より、市川市の指定を受けて本市で初めてのコミュニティ・スクールとなりました。コミュニティ・スクールとは、学校運営協議会を設置している学校のことで、保護者や地域の方が学校運営に参画し、共に学校運営を進める仕組みを整えています。このことによって、家庭・学校・地域が一体となって、子どもたちのより良い教育環境の実現に取り組んでいます。

  三つ目の柱は、「きめ細かな教育」です。

  学校規模が小さいことを生かして、一人一人の学びや発達を支援するきめ細かな教育を推進していきます。

  小中一貫教育の効果がより期待できる「一体型の校舎」の完成により、小中一貫教育の一層の推進が期待されています。本校で培った成果を市内・県内に発信していけるよう、「ひらき・つなぎ・つむぐ」を合言葉に、プライドを持って「人をつなぐ 未来につなぐ教育」を実践いたします。

今後も「地域ともにある学校」として、保護者・地域の皆様と協働し、教職員が一丸となって、子どもたち一人一人の生きる力を育んでまいります。

 

市川市立塩浜学園

 校   長  松井 聰

塩浜学園グランドデザイン