今日の給食

2021年9月の記事一覧

9月29日(水)の給食

さんまのひつまぶし、のっぺい汁、ぶどう、牛乳

 今日は、さんまの『ひつまぶし』です。ひつまぶしは、うなぎの蒲焼

を細かく刻んでご飯に混ぜた愛知県名古屋市の郷土料理です。お「櫃

(ひつ)」のご飯に蒲焼を「まぶす」事からきていると言われています。

給食では、うなぎの代わりにさんまを使います。魚が苦手な子どもでも

食べやすいように味付けを工夫しています。

 また、のっぺい汁は、日本全国に分布する郷土料理の一つです。地域

によって使用する材料は様々ですが、片栗粉などでとろみをつけるとい

うことが共通点です。

 コロナ禍の中、帰省や旅行が難しい状況ですが、せめてその地方の事

を思いながら、たくさん食べてもらいたいと思います☆

9月28日(火)の給食

 

 

 

 

 

ターメリックライス、チリコンカン、フレンチきゅうり、フルーツポンチ、牛乳

 今日は、お豆がいっぱいのチリコンカンでした。

大豆そのものは苦手な児童も多いですが、タンパク質が豊富な食材です。

そして大豆のタンパク質は、コレステロールを下げてくれる効果もあります。

カレー味にしてご飯にかければ、「豆っておいしい!!」と思ってくれるかな?

 栄養バランスよく食べる習慣を身につけて、みんなが大人になっても健康で

いられるよう、食育をしていきたいと思います☆

9月27日(月)の給食

 

きな粉揚げパン、照り焼きハンバーグ、ミネストローネスープ、牛乳+ミルメーク

 今日は、子どもたちに人気の『きな粉揚げパン』です。そもそも揚げパンは、

昭和29年、インフルエンザが流行し、欠席した子どもに友達がその日の給食を届

けるという習慣があった頃、時間がたってもパンが硬くならないようにと当時の調

理員さんが考案したのが始まりとされています。

 また、知らない子どもたちも多いと思いますが、きな粉とは、大豆を炒って皮を

むき、挽いた粉です。それに砂糖を混ぜて甘くします。また今日の照り焼きハンバ

ーグには枝豆が乗っています。それでは、大豆と枝豆の違いは、ご存じでしょうか?

もともとは同じ植物からできていて、未成熟の時期に収穫された緑色の若いものが

枝豆、成熟するまで待ち茶色く乾いたものが大豆となります。大豆は豆類で枝豆は

野菜類に分類されます。枝豆にはタンパク質やビタミンB1などが含まれ、栄養満点です☆

9月24日(金)の給食

 

 

 

 

 

わかめご飯、ししゃものパリパリ揚げ、生揚げのカレー煮、磯和え、牛乳

 今日は、ししゃもを春巻きの皮で巻いて揚げた「パリパリ揚げ」でした。

ししゃもは焼くことが多い魚ですが、給食では、ゴマや青のりをまぶして

揚げたりもします。食べやすいため、子どもたちには人気です。

わかめご飯や磯和えの海苔など、海藻と小魚で海の幸いっぱいの献立でした☆

9月22日(水)の給食

 

 

 

 

 

豚キムチご飯、ワンタンスープ、バンサンスー、ぶどうヨーグルト、牛乳

 今日は、「豚キムチご飯」でした。

意外にも、キムチ味は人気があり、低学年の児童もよく食べてくれます。

手作りワンタンスープも、お肉がいっぱい入っていて、よいダシになりました。

私たちが気をつけていることの一つに、味のバランスがあります。

しっかり味のご飯には、あっさりめのスープや和え物を。

すべて同じ味にならないよう、工夫しています。

 調理員さんたちの愛情や努力を伝えていきたいです☆