菅野小NEWS

休校継続に伴うお知らせ

 臨時休校が継続になったことを受け、学習面、生活面等のお知らせを下記の通りさせていただきます。各ご家庭で、引き続きご対応いただきますようお願いいたします。

 

1 健康面について

  朝と夜の検温、体調管理を引き続きお願いします。新たな健康観察表を、市川市教育委員会HPに掲載していますので、ご活用ください。プリントアウトができない場合は、独自に作成していただくか、連絡帳に記録する等の対応をお願いします。

 

2 学習面について

 (1)家庭学習

 ・午前中は、原則として学習の時間とします。

 ・学習内容等の取り組み例を市川市教育委員会HP「明日につなぐ伝言板」に掲載していますので、ご参照ください。

 ・お子様が計画を立てて取り組めるよう、同上HPを参考にご支援願います。

 

 (2)パソコン等を活用してできる学習

     ○市川市教育委員会HP「明日につなぐ伝言板」に掲載しています。

       ・「ちばっ子チャレンジ100」(千葉県教育委員会作成):小学校(国・算・理)問題集

              ・「ちばのやる気学習ガイド」 (千葉県教育委員会作成):中学校(国・数・英)問題集

      ・「家庭学習用ドリルソフト」:学校から配付されたIDやパスワードを入力して、タブレット、

パソコンで学習

     ○国からの情報(様々な教科の動画、問題集等):パソコン等で学習できるもの

      ・文部科学省:「臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト

      ・経済産業省:「学びを止めない未来の教室

 

3 生活面について

 (1)午後3時頃までは、原則として家で過ごさせてください。
 (2) 不要不急の外出はできるだけ避けるようお願いします。不特定多数の人が集まる場所に行くことはできるだけ自粛させてください。

 (3)ゲーム、スマホやコンピューター(インターネット等)について、長時間の使用や不適切な使い方にならないようにルール等について家庭で話し合ってください。

 

4 学校においてある荷物について

   ・荷物の持ち帰りは、卒業式・修了式に行います。大きめの手さげ袋の持参をお願いします。

    残ったもの、新年度に引き継げるものに関しては、持ち帰らず学校においておきます。

5 卒業式、修了式について … 下記のとおり、実施いたします。

  なお詳細は、後日メール・学校HPでお知らせいたします。

  (1)卒業式(3月18日(水)10:30~本校体育館にて)

    ・式典参加者は、卒業生・保護者(2名まで)・教職員のみで行います。在校生(1~5年生)は登校しません。

    ・卒業生は、事前に練習するために8:15登校とします。保護者(2名まで)の方の受付は、10:00に開始します。体育館に直接お越しください。

  (2)修了式・離退任式(3月25日(水)10:30~各教室にて放送で実施)

    ・式典参加者は、児童(卒業生含む)・教職員のみで行います。

    ・1~5年生は、式典前に学級指導(9:00~10:30)があるので、9:00登校とします。

    ・卒業生は、10:15登校となります。旧教室に入ります。

    ・下校は、1~4年生及び卒業生が11:30。5年生は、作業があるため12:00となります。

 

6 集金について

    ・学校費(給食費・積立金・教材費・学級費)の集金について、3月分はありません。

    ・給食費は、全学年返金が生じております。6年生は卒業式受付時に返金いたします。1~5年生については、次年度に繰り越しとし、4月の集金額で調整させていただきます。

    ・今回の繰り越し処理は、本年度のみの特例措置です。

    ・積立金については、次年度2ヵ月分を徴収させていただく月があります。

 

市川市からのお知らせ1

〇市川市教育委員会には、下記の相談機関がありますので、ご相談ください。

 ・学習に関すること:指導課、教育センター

 ・子供に関する相談:教育センター、少年センター(面接相談は中止、電話相談のみ)

(問い合わせ先) 教育委員会 指導課 TEL 047-383-9338

             教育センター TEL 047-320-3335

          教育センター相談室 TEL 047-320-3336(鬼高)・318-3223(行徳)

         少年センター電話相談 TEL 047-320-3340 
 

市川市からのお知らせ2

〇未指導分の学習について

休校継続に伴う、年度内(臨時休校期間)に学習できない学習内容(単元)については、  文部科学省からの連絡を受け、下記のとおりといたします。

①  卒業を迎える学年の児童生徒

  ・必要に応じ、進学先の学校と学習状況を共有する。

  ・中学校においては、小学校からの情報を踏まえて、必要に応じて補充的な学習を行う。

②  卒業を迎える学年以外の児童生徒

  ・必要に応じて次年度に、前学年で学習できていない内容(単元)を補充する。

〇現在、使用している教科書について

 未指導がある教科等については、次年度に教科書を使う場合がありますので、大切に保管するようお願いします。