ブログ

職員救命講習会

市川市内の小中学校では、隔年で職員救命講習会を行うことになっています。

「学校生活の様々な場面において児童生徒が心臓や呼吸が止まる事態が発生した際、救急隊に引き継ぐまでの間、救命処置ができるスキルの習得を図る」ことが目的です。

 

午後1時半から4時半まで、3時間の実技講習を受けました。講習を受けたからといって安心はできませんが、職員一同、真剣に取り組みました。

 

本日の更新は以上です。