児童の様子

ペア学年の交流 まずは6年生と1年生から

ようやく、1クラスの児童が全員教室に入れるようになりましたが、

学年単位で集まって活動するようなことは、密になってしまうのでできません。

例年、1年生と6年生、2年生と5年生、3年生と4年生の

ペア学年が交流を行っていますが、今年は、それもまだできません。

 

でも、6年生と1年生が交流をすることは、6年生の最高学年としての意識と、1年生の安心感のためにもとても重要なことです。

そこで、まずは、6年生と1年生が、学級単位で交流を行いました。

 

6年生がペアの1年生に自己紹介のカードを渡してから、ペアで遊びます。

小さい1年生をサポートしながら遊ぶ6年生は、大人びて見えます。

1年生からは、お兄さんお姉さんへの信頼感が伝わってきました。