ブログ

2年生:図工「いろいろもよう」

2年生の廊下に、カラフルなシャボン玉の泡模様の絵が掲示してあります。

これは、カップにお気に入りの絵具と洗剤を混ぜ、ストローで吹いてつくったシャボン玉の泡模様です。

ぶくぶくと湧き出す色とりどりの泡に、子どもたちは大喜び。

そのぶくぶくを画用紙にそっと載せます。すると、泡の模様がうつります。

一口にシャボン玉の泡、といっても大きい泡、小さい泡、割れてはじけた泡などいろいろな形があります。色も一人一人違います。

出来上がった泡の模様を見て、いろいろな物を想像しました。

見る方向によっても見え方はいろいろと変わります。

「うわぁ、面白い。」「魚の形になった。」「ヘビに見えるよ。」「サクラが満開だ。」などと、嬉しそうに友だちと見せ合っていました。

友だちからいろいろな感想を聞くことで、自分では思い浮かばなかったイメージがわく子もいるようです。

クレヨンとサインペンで絵を描き加えて、楽しい作品に仕上げました。