ブログ

5年生:算数「円と正多角形」

5年生は、「円周率3.14」に出会うことになりました。

先日、正多角形(正六角形、正八角形など)のかき方を学習しましたが、前時の授業で、円と、その円に内接する正六角形を見比べてみました。

すると、正六角形の1辺の長さは円の半径の長さに等しいので、正六角形の周りの長さは半径の6倍。すなわち直径の3倍です。

円は正六角形の外側にあるので、円周は直径の3倍より長いことがわかります。

では、何倍なのでしょう。

教科書に付いている「円周測定マシーン」を使って、実際に、円周と直径との関係を調べました。

多少の誤差はありますが、円周はだいたい直径の3.14倍ということを知りました。

今日は、この円周率を使って、円周を求めたり、直径を求めたりする問題を解きました。