ブログ

3年生:国語「くらしと絵文字」

3年生は、国語で「くらしと絵文字」の学習をしています。

夏に行われたオリンピックでは、ピクトグラムが話題になりましたが、私たちの身の回りには、歩行者用の信号やトイレの場所、交通標識やお店の看板など、絵文字がいろいろな場所で使われていることがわかります。

「見ただけですぐに意味がわかる」「親しみや楽しさを感じさせる」「言葉や年令をこえてだれにでもわかる」など、絵文字の特長を学習した後、自分たちも学校の中の各部屋を表す絵文字を考えることにしました。

誰が見てもその部屋の特徴がわかるような絵文字をつくるために、その部屋で使われている道具や物品などの調査もしています。

校長室を担当する子どもたちが、調査に来てくれました。

皆の意見を取り入れながら、絵文字づくりに挑戦です。

どんな絵文字が完成するか楽しみです。