大柏小学校ブログ

旬の食材を味わう~竹の子ご飯

 

 本日の給食は、竹の子ご飯の献立でした。主菜は、豆腐に鶏肉・エビ・ひじきなどを練りこんで揚げた「豆腐の真砂揚げ」、副菜は、「ほうれん草の胡麻和え」。汁物は、じゃがいもと玉ねぎの味噌汁でした。

 竹の子ご飯のように、旬の食材を使った献立が市川市の学校給食の売りです。竹の子は、竹かんむりに旬の字をつけて「筍」とも書くように、まさに今が短い旬の時期です。本当においしい竹の子は、この時期にしか食べられません。真砂揚げも手作りですので、揚げたてで表面がさっくりとして中身はふんわり、とてもおいしかったです。自分の学校に給食室がある幸せを満喫しました。