大柏小学校ブログ

半夏生(はんげしょう)

 明日7月1日より、平常日課が再開します。2年生以上の学年は、6校時の日があります。各学年の時程や下校時刻等についてはそれぞれの学級で配付されている時間割でご確認ください。

 さて、明日7ハンゲショウの花月1日は、半夏生(はんげしょう)という日です。この日は、かつて田植えを済ます目安として、農家の方にとっては作業の区切りの日でした。一仕事終えた息抜きに、地域ごとに餅を作って食べたり、たこ飯を炊いたりしてしばしの骨休めをしたそうです。その「たこ飯」のいわれですが、植えた稲の苗がたこの足のように八方にしっかりと広がって根を下ろすようにという願いを込めたともいわれています。5年生が植えた稲は、順調に根を張り、青々と茂っています。本格的な夏の訪れを感じます。

 左の植物は、現在大柏小の中庭に咲いているハンゲショウという植物です。半夏生のころに咲くので名付けられたとも、あるいは上部の葉が半分程度白くなるので、半分化粧をしたようだから半化粧と名付けられたとも諸説あります。中庭には、四季折々にいろいろな花が咲いています。卒業生の保護者の方がボランティアで手入れをしてくださっているおかげです。ありがとうございます。