大柏小学校ブログ

6年生 家庭科調理実習~じゃがいも料理~

 

 

 

 

 

 

 6年生が、家庭科の調理実習でジャーマンポテトを作っていました。その実習態度を見て、大柏小学校の子供たちのコロナウイルス感染症対応への意識の高さに感心しました。作り終わって食べる際も、マスクを外したら誰一人話をす子もなく、おいしいという表現もジェスチャーでしていました。

 私が子供のころにも、家庭科でじゃがいも料理は作りましたが、全員で「粉吹きいも」でした。じゃがいもをゆでて、湯切りして鍋でころがして粉を吹かせるという料理とも言えないようなものでした。当時、じゃがいもの料理といえば煮っころがし、ポテトフライ、コロッケくらいが定番で、ジャーマンポテトなどというしゃれた料理は知りませんでした。今の子たちはすごいです。ジャーマンポテトを作るだけでなく、トッピングにポテトチップスやスパイスのきいたスナック菓子を砕いてのせていました。それがまたおいしいこと!食も子供も進化していますね。