新浜小ブログ

算数科の授業研究①

 新浜小では、子どもたち一人一人が意欲的に取り組める算数科学習~だれもが「わかる」「できる」「たのしい」授業づくり~を目指し、校内研究に取り組んでいます。

 当初の年間計画では、7月の予定がコロナ禍の関係で延期になり、本日、11月18日(水)に今年度初めての低学年の授業研究が行われました。

 1年生は「おおきさくらべ」、2年生は「三角形と四角形」の単元の授業を展開しました。

 子どもたちは少し緊張した面持ちでしたが、積極的な意見を交わしながら、楽しそうに学習していました。

 講師の稲荷木小学校清田校長先生からは「視覚化」「焦点化」「共有化」の重要性と授業改善につながる5つのテクニックを教えてもらい、これからの校内研究の方向性のご示唆をいただきました。

 今後、中学年、高学年、かるがも学級の順で授業研究を行っていきます。

1年3組

2年4組

動物の図形