新浜小ブログ

避難所開設訓練

 8月1日(土)午前中に、市役所の職員による令和2年度避難所開設訓練が実施されました。

 市川市では新型コロナウイルス感染症対策として、避難所を開設する際にできるだけ多くの避難所を開設することが求めており、新浜小も災害時の防災拠点となっています。

 今回、防災無線の取り扱い、避難所のスペース確保、レイアウト・動線等を確認する訓練を実施し、コロナ対策では、新たに受付時の検温や健康チェック、消毒方法、プライベートテント等の設営方法を確認しました。

 また、体育館脇に、一時貯留してから下水道に流す方式の、衛生面に配慮した「マンホールトイレ」が新たに設置され、有事の時に使用できるようになりました。(市川市の小学校で設置第1号だそうです。)

 このように、いつ起こるかわからない地震等の災害に対して、行政と学校、地域の方と連携して防災に努めています。

防災無線の訓練

ファミリーテント

プライベートテント