学校の様子

防災集会(3月11日)

      

 【教育長のメッセージの代読】      【校長先生の話】               【表彰の様子】 

  

   【防災に関する動画】      【シェイクアウト訓練】      【防災担当の先生の話】

 

 市川市では、東日本大震災があった3月11日を防災教育の日に設定しています。震災に遭われ、尊い命が奪われた方々のご冥福をお祈りし、震災を忘れず、災害から身を守ることを確認する日と定めています。

 本校では、1校時に、防災集会をリモートで行いました。防災集会では、教育長からのメッセージの代読、校長先生の話、黙祷を行いました。学級指導では、防災に対して正しい知識をもち、自らの身を守る防災意識を高めるために、防災に関する動画を見たり、放送の指示でシェイクアウト訓練を行いました。

 災害はいつ、どのような形でやってくるか分かりません。ぜひ各ご家庭で命の大切さについて語り合い、避難場所や連絡方法等について確認していただけたらと思います。