宮田小NEWS

芸術鑑賞教室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「影絵」というとまずイメージするのはこのような白黒の絵でしょうか。今回の影絵は全く違います。影絵劇団「かしの木」の方々による講演です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなスクリーンにカラーの絵が浮かび上がります。子どもたちは映画の気分なのか後ろの方をさかんに気にしていました。一本目のお話は「百万回生きたねこ」です。

百万回死んで百万回生き返ったネコ。白いネコの隣で静かに動かなくなり,決して生き返らなかったネコ。なぜ生き返らなかったのでしょう?実に深いお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

影絵教室では,3人の児童と先生が1人,代表して人形を操りました。みんな上手に操っていました。スクリーンの向こうで人形を操る○○先生。姿を現したり消したり…。上手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二本目は「セロ弾きのゴーシュ」。ゴーシュが動物とのやりとりを通し,知らない間にセロ(チェロ)が上達していく様子を色鮮やかな絵と人形さばき,そして絶妙な語りで宮澤賢治ワールドに引き込んでくれました。「かしの木」のみなさんありがとうございました。