宮田小NEWS

6年 保健体育科「命の授業」

秀明大学准教授 東 亜紀先生の「命の授業」をしました。

その中で、「命のバトン」のお話がありました。

私たちは、父と母の二人から生まれてきます。

その父と母は、それぞれの父母から生まれてきましたので、

4人から命を受け継いだことになります。

そのように、10代前に遡ると、1,024人から生まれてきたのです。

20代前まで遡ると、1万人以上の人から命を受け継いだことになります。

その誰一人が欠けても、今の自分は存在しなかったことを考えますと、ありがたく貴重なことで、

まるで奇跡といっても過言ではないと言えます。