宮田小NEWS

5年 国語「暑中見舞いを送ろう」(図工と合科)

 インターネットが普及した現在、一年で一番暑いこの時期に、

手紙やはがきで相手に安否を尋ねたり、相手の健康を気遣ったりすることが少なくなりました。

 5年生は、国語科と図工科の教科横断的な取り組みで、

「暑中見舞い」の意味や書き方、ちょっとした工夫などを学習しました。

相手に気持ちが届くように、郵便ポストに投函しました。

  

  

学校でしかできない貴重な体験です。コロナ禍の今だからこそ、実感しました。