ブログ

8.27 「緊急事態宣言下における対応および教育活動」

【緊急事態宣言発出時における学校の教育活動について】

 いよいよ来週の(水)から2学期がスタートします。市川市内の小中学校・義務教育学校の今後の対応、教育活動、ガイドラインが、市川市のHPにアップされましたので、お知らせいたします。

 

 新型コロナウイルスの感染者が増加していることを受け、令和3年9月12日(日)まで千葉県に緊急事態宣言が出されています。本市においても、夏季休業中、児童生徒の陽性報告が増加傾向にありますが、感染拡大防止の徹底を図り、9月1日より2学期を開始いたします。

 1学期の教育活動では、学校内での感染拡大は確認されていませんが、陽性者の増加などを含め、状況に応じて学級閉鎖や学年閉鎖等の対応を取りながら、児童生徒の学びを継続してまいります。各学校におきましても感染拡大防止を強化し、教育活動を進めてまいります。趣旨をお汲み取りいただき、ご協力をお願いいたします。

緊急事態宣言発出時の対応について

今後の感染状況によりますが、現状では市内一斉休校は行わず、市内公立学校において感染防止をより強化するとともに、教育活動の一部を制限しながら学びを継続してまいります。

 

※ 詳細につきましては、市川市教育委員会ホームページ「市川市立学校・幼稚園の新型コロナウイルス関連情報)の「緊急事態宣言発出時における教育活動等について」をご覧ください。 高谷中学校HPの information からサイトにうつります。

   

 

 

 

 

 

以下のファイルを添付いたします。

①【 緊急事態宣言発出時における学校対応について(保護者あて)】.pdf

②【緊急事態宣言発出時における教育活動等について 市川市HP】 .pdf

③【市川市HP更新8.27・新たな学校生活スタイルガイドライン】R3.9版.pdf

 

 この先、感染状況がどう変化するかわかりませんが、現時点での方向性ですので、お知らせいたします。