お知らせ&ニュース(ブログ)

お箸の持ち方教室

1年生を対象に、栄養士の髙梨先生が「お箸の持ち方教室」を行いました。

まずは1本、鉛筆の持ち方から確認します。「人差し指が親指の上にあるかな。」「中指でお箸を支えているかな。」

正しく持つことができたら2本にしてみます。「中指が箸と箸の間にありますか。」「人差し指を使って箸先を動かすことができますか。」握ってしまい箸先が思うように動かない、箸がクロスしてしまうなど、子供たちは苦戦していました。

箸先がうまく動かせるようになると、箸でものをつかむ練習をします。やわらかいキューブ状のスポンジやつるつる滑る豆などを、箸を使って移動させていきます。「先生、見て。できるよ。」と、上手に動かすことができるところを見せてくれました。

箸を上手に使うと、皿をきれいにして食べ終えることができることがわかった子供たち、給食の時間に練習していきたいと思います。