児童の様子

kitakata日記

0228 市川市立校・幼稚園 一斉休校の第一日目でした。

みんなの声が聞こえない中、先生たちは仕事に取り掛かりました。

写真は、朝一で、北方小学校を訪れたフジテレビの取材クルーの方々です。

11:30からのニュースで、職員室の黒板(船山先生の書いた文字)、教室、廊下…などが

少しの時間うつりました。

一時間半くらい取材して、ニュースで使用した時間は、秒単位でした。

私たちが見ているニュースは、そういう取材の結果、生み出されているのですね。

あ、自分の教室だ!!と、もし、本人たちが見ていたらすぐ気がついたと思います。

どうぞ、家で、健康のまま、待機していてくださいな。

0227 6年生は仕上げたのです。演奏“情熱大陸” 。  3月4日が「6年生を送る会」の予定でした。明日からの休校と重なってしまいました。新型コロナの影響で開催が危ぶまれているのは確かですが、6年生は、すでに今日の段階で、合奏「情熱大陸」を仕上げたのです。今日の5時間目、完成演奏を、海老澤先生・松本先生・吉川先生が見守る中、録音・録画しました。がんばりました。最高学年生らしい重厚な華やかな音の重なりです。

0227 ICTを活用、家庭のPC・タブレットでドリル学習が進められる!! 市川市教育センターが導入したドリル学習システム。使用できるように迅速な連絡が教育センターからあり、各個々人のパスワード等を田部井教頭先生が必死に差し込み印刷!!全児童分を間に合わせました。

ドリルは、国・算・理・社・英 等が学年の発達に合わせて用意されています。

今回の明日からの2週間の休校の間、ご家庭の方とログインして取り組んでみてください。

説明の文書は、本日配布されますので、失くさないように持ち帰ってくださいな。

0219 五時間目。三、四年生に、キャラバン隊のみなさんが公演。

体が不自由な方々、と言葉では知っていても、その方々がどういうことを考え、どう社会に出ていき、どのようなことで困っているのか、の具体的な内容はよくわからない、と思います。そこで北方小学校3,4年生とまつっこの中学年生は、いっしょにキャラバン隊のお話を聞きました。自分たちで体験をして、お話をお聞きして、共に生きていく社会について考えていきます。

0218 北方小での予防の動き について(写真下部のコーナーをご覧ください)。写真は八丈島近海でとれたとびうお。30センチ以上もある大きなおさかなです。今日の給食のとびうおすまし汁には、このとびうおくんが食材として使われています。名前は聞いたことがあっても、見たり食べたりすることは初めてというみんなも多かったと思います。いろいろな味、食材を体験することも大切ですね。

0218(火)  今日の給食が始まる前に、保健室の野口先生から校内放送が入りました。

「インフルエンザやその他の流行のものへの対策で、本日からしばらく、

 班・グループにならず、前向きの体制でお昼を食べましょう。

 手洗い、うがい、そして、教室の換気も行って、

 インフルエンザなどにならないように、日々の少しずつの

    でも確実に行える注意を

 みんなして続けていきましょう。」

年度末、みんなが元気に登校できるように、みんなで、できるところから始めて

予防をしていこう、と北方小学校は動いております。

ご協力、お願いいたします。