稲越ニュース

2020年9月の記事一覧

5年生 図工科「糸のこ」教室

17日(木)、5年生の児童が図工科の学習で「糸のこ」を使った作品をづくりをを行いました。はじめて使う電動のこぎりに興味を示し、楽しそうに活動していました。安全に気をつけて、すてきな作品が仕上がることを楽しみにしています。

わくわくスポーツデーに向けて動き出しています

14日(月)曇り空のもと「わくわくスポーツデー」に向けてのいくつかの活動が動き出しました。応援団・リレー・学年種目などです。今年は従来どおりの運動会は実施できません。新型コロナウイルス感染拡大防止に細心の注意を払って、実施可能な種目のみを短時間で行います。それでも子供たちは、マスクの着用や三密に気を付けながら、元気に活動しています。「わくわくスポーツデー」は六年生の児童が考えた運動会に代わるネーミングです。運動の楽しさや達成感が味わえ、一人ひとりが充実した時間を過ごせるような活動にしていきたいです。

 

40周年記念航空写真・風船とばし

9日(水)、稲越小40周年を記念した第一弾として、航空・集合写真の撮影、風船とばしを行いました。新型コロナウイルス感染防止と熱中症対策を行いながらの活動となりました。5年生の児童が昨年考えた「クロバー」の図柄のに全校が並び、撮影しました。その後全校写真を撮り、最後にみんなで風船飛ばしを行いました。おめでとうの気持ちを込めてみんなで飛ばしました。大切な思い出の一つとなりました。

6年生「朝食づくり」の学習

8日(火)に6年生の児童が家庭科の「いためてつくろう朝食のおかず」の学習を行いました。コロナ禍ではガイドラインに示されているように現在調理実習はできません。前次に「朝食の計画」を考え、今日は、葉を食べる野菜はいためることで「かさ」が変わり、たくさん食べることができるということ谷地先生の実演で学びました。野菜を苦手としている児童も多いようです。野菜を食べることの大切さを学び、少しでも好き嫌いを減らしてほしいです。

    

百人一首への取り組みが始まりました。

8日(火)、「百人一首」への取り組みが始まりました。稲越小では国語科の言語活動の一環として、毎年取り組んでいます。今日から放送委員の児童が、給食の時間に「今日の一句」を読み上げていきます。事務室前に掲示物もありますので、少しずつ覚えて、百人一首を楽しんでほしいと思います。