稲越ニュース

2019年11月の記事一覧

第10回市川市朝食選手権

9日(日)、昭和学院女子短期大学において、第10回市川市朝食選手権が開催されました。稲越小からは書類審査を通過した8チームが参加しました。子どもたちは自分たちで考えた朝食を仲間と協力して、手際よく調理していました。6年生の1チームが、教育長賞。5年生の1チームが協会長賞を受賞しました。おめでとうございます。

 

1年生 生活科「さつまいも掘り」

8日(金)、1年生の児童が生活科の学習の一環で「さつまいも掘り」を行いました。校舎の裏にある「稲越農園」で育てたさつまいもを収穫しました。子どもたちは、形や大きさの違うさつまいもを楽しそうに収穫していました。この後の「さつまいも料理」の活動も楽しみです。

5年生 校外学習

8日(金)、5年生の児童が社会科「わたしたちのくらしと工業生産」の学習の一環として日産自動車追浜工場へ工場見学へ行ってきました。工場内を丁寧に案内していただき、自動車作りの工程や働いている人の工夫についていろいろなことを学ぶことができました。午後は、「三菱みなとみらい技術館」に行き、「空」「海」「宇宙」「陸」の4つのゾーンで体験学習を行いました。子どもたちはグループごとに意欲的に活動していました。

 

 

須和田の丘フェスティバルの小学部お披露目会

7日(木)、須和田の丘小学部の児による9日(土)須和田の丘フェスティバルで発表する「合唱や合奏、ダンス」のお披露目会が行われました。数年来、稲越小の子供たちは事前にお披露目をしていただいています。小学部の児童たちは、みんな頑張っていました。稲越小からは5・6年生の児童が「市内音楽会」で発表する曲を披露しました。お互いの本番でのすてきな発表がとても楽しみです。須和田の丘フェスティバルは9日、9:10から稲越小体育館で行われます。

 

東国分中ブロック定例研(6年授業)

6日(水)、東国分中学校ブロックで定例研が行われました。本校の6年生の児童が体育館で「病気の予防」の学習を行いました。今日は「がん」の病気について学習でした。講師に千葉県がんセンター研究所の所長、永瀬浩喜先生をお招きし、ご指導いただきました。クイズ形式でわかりやすく「がん」について教えていただき、早期発見のための検診の大切さやがんにかかった方への関わり方などいろいろなことを知り、考える機会となりました。また子どもたちから保護者の検診への発信メッセージなど家族の大切さについても考え機会となりました。