稲越ニュース

2019年9月の記事一覧

3年生 梨園見学(梨の収穫)

5日(木)、3年生の児童が松丸さんの梨園で梨の収穫体験を行いました。梨を獲る時、手をひねりながら上に持ち上げ、とります。子どもたちは慎重に「梨」をとる体験をしていました。その後、自分たちが袋かけをした梨を見に行きました。梨は「風」に弱く、すぐに落ちてしまうという言葉もあり、心配でしたが、落ちている梨はなく、ひと安心。10月中旬に収穫させていただきます。とても楽しみです。

プログラミング教育

令和2年4月より小学校では新学習指導要領での学習が始まります。その中で、「プログラミング教育」を行います。プログラミン的思考を身につけ、情報活用能力の育成を目的とします。今日は1年生の児童がコンピュータ室で、パソコンを操作して学習を行いました。準備段階の学習として、道具の名称、操作の仕方を絵を描くことを通して学びました。情報化社会を生きる上で必要な学習となります。学校は時代に応じていろいろな学習を行います。

引き渡し訓練

2日(月)、引き渡し訓練が実施されました。緊急地震速報の音が流れ、児童はシェイクアウト訓練を行い、その後、体育館での「引き渡し訓練」を行いました。たいへん暑い中、多くの保護者方に参加していただきました。ご協力ありがとうございました。いつ起こるかわからない事態に備えて、訓練を継続して行います。

2学期始業式

2日(月)夏休みが明け、学校に元気な子どもたちの声が戻ってきました。それぞれの児童がいろいろな夏休みを過ごしたようです。今日は校長先生から「『正義の味方』になってほしい」テーマで、「いじめ」を見たら知らんぷりをせず、「ダメ」と止める勇気を持った人、それをきちんと周りの大人に報告できる人、「フェアプレイの精神」(決められたルールは守る、自分の考えや意見と違った場合は、話し合い、仲間を大切に思うこと)を持った子どもたちになってほしい。というお話でした。谷地先生からは「体内時計を整えよう」という話から生活リズムカードを活用し、生活リズムを整えていくことのお話がありました。また、「友だちいっぱい名人」、「あいさつキャンペーン」などの紹介もありました。2学期が始まりした。実りの多い、学期としていきましょう。