稲越ニュース

2019年7月の記事一覧

稲越小学校区防災拠点協議会

17日(水)、18:00より稲越小大会議室で、「第10回稲越小学校区防災拠点協議会」が開催されました。小学校区防災拠点協議会とは、大地震発生後、小学校区を単位として地域の情報収集、災害対策本部との連携、避難生活支援などの応急対策活動を行う学校職員や市職員、地域住民の方々で構成される組織です。今年の1月に防災拠点委員の方で避難所立ち上げ訓練を行いました。今日は、服部会長を中心に今年度の取組の話し合いが行われました。いざという時には、皆さんの力が必要です。自助・共助・公助の行動を大切に行動しましょう。

保健委員会の取組

17日(水)、保健委員の児童が「歯みがきバッチリ週間」で出題したクイズの表彰を行いに小学部の教室へ訪問しました。稲越小の児童への表彰は各教室で行われており、交流活動の一つとして行いました。小学部の児童もうれしそうに表彰を受けていました。

1年生 シャボン玉遊び

17日(水)、1年生の児童が生活科の授業の一環として、「シャボン玉遊び」を行いました。子どもたちはシャボン玉を作るために道具を工夫して、シャボン玉を作っていました。とても楽しそうに活動していました。

2年生 枝豆の豆とり

17日(水)2年生の児童が食育学習の一環として枝豆の豆とりを行いました。そめや農園さんがき今朝暗いうちから収穫して、とれたてのものをみんなに届けてくれました。2年生の児童で30㎏もの豆とりを行ってくれました。枝豆は大豆の未成熟な実です。だから大豆と同じで栄養満点です。おいしくいただきました。

4・5年生 グリーンスクール

7月10日(水)から12日(金)まで4・5年生が「グリーンスクール」に行ってきました。南房総市にある太房岬自然の家で海と山での様々な体験活動を行いました。1・2日目とも天気には恵まれ、すべての活動が実施できました。5年生は4年生をリードし、4年生は初めての経験をたくさんし、一人一人が体験活動を通して学んできました。子どもたちは本当に楽しそうに話してくれました。