稲越ニュース

2021年3月の記事一覧

令和2年度 離任式

25日(木)、離任式が校庭で実施されました。本年度は、コロナ禍であることも含め、修了式の同日に行いました。これまで稲越小学校でお勤めいただいた方々が退職・異動することなりました。退職・異動される方々は稲越小の児童・保護者のために精一杯努めていただきました。お別れはとても寂しいことですが、人生を生きていれば必ずあること。これまで本当のありがとうございました。新転地でのご活躍を祈念いたします。

令和2年度 修了式

25日(木)、令和2年度の「修了式」が放送により行われました。校長先生から修了式の意味についてのお話、「終わりよければ全て良し」の言葉を挙げて、最後の締めくくりへの励ましのお話がありました。また5年生代表児童へのインタビュー、修了証の授与が授与されました。修了証は各教室で担任の先生から手渡されました。生徒指導の大平先生からは「春休みの過ごし方」①3つの車について②新しい学年への準備についてのお話がありました。明日から春休みです。規則正しく、安全に生活し、元気な姿で新学期を迎えましょう。

年度末の大掃除

24日(水)、本年度も2日となり年度末の大掃除を学級ごとに行いました。これまでお世話になった教室や道具、校舎内を清掃しました。感謝の気持ちを行動で表す活動の一つです。どの児童も熱心に取り組んでいました。また次に使う学年の児童のためにがんばりました。いよいよ明日は修了式の日です。

4年生 熱気球の学習

23日(火)4年生の児童が理科「空気の温度と体積」の学習の一環で「熱気球」づくりを行いました。グループごとにデザインした熱気球をガスで温めて、跳ばしていました。温まることに時間と協力が必要でしたが、みんなで連携して、体育館に熱気球を舞わしていました。

 

吹奏楽部 お別れ会

20日(土)、本校の吹奏楽部の「お別れ会」が開かれました。緊急事態宣言が発令中のため、本来の演奏会はできませんでしたが、それでも年度の締め括りとして「お別れ会」を実施しました。本年度は制限はある活動の中での練習や発表でした。中でも11月の創立40周年記念式典での演奏、12月のミニコンサートは思い出に残るものとなったことでしょう。1月から吹奏楽部としての活動できず、久しぶりの再会でしたが、子どもたちは元気と笑顔いっぱいにお別れ会を楽しんでいました。6年生とは最後の活動、名残を惜しむ子供たちがたくさんいました。また吹奏楽部を指導していただきました平野先生、たいへんな難しい1年間でしたが、ご指導いただき本当にありがとうございました。