稲越ニュース

2020年10月の記事一覧

3年生 交通安全マップ作り(作成・発表会)

30日(金)に3年生の児童が交通安全マップづくりを行いました。23日(金)より作成を開始し、取り組んできました。3年生は方面別にフィールドワークで調べた場所について整理しました。市川警察署の方のアドバイスを取り入れ、マップに記載していきました。今日はグループごとに発表会も行いました。稲越の地域の危険箇所を学級全体で協力してまとめることができました。(交通安全マップは「メニューの稲越小安全マップに掲載されています。)

前期終わりの会(放送)

10月30日(金)、朝の帯タイムの時間に「前期の終わりの会」が放送で行われました。校長先生から新型コロナウイルス感染拡大防止に努めた「新しい学校生活様式」の中での各学年の子どもたちがんばりへの紹介の話や2000年のシドニーオリンピックの女子マラソンの金メダリスト、高橋尚子さんのお話。表彰として「ばっちり大賞(生活リズム週間にばっちり賞が一番多かった学級)」・「もりもり大賞(残菜が一番少なかった学級)」の紹介がありました。短期間の秋休みに入りますが、後期も元気に、いろいろなことを学んでほしいです。

4年生 災害マップ作り

29日(木)に4年生の児童が災害マップづくりを行いました。28日(水)より学級ごとに作成を行っています。自分たちで調べた場所やもの、地域防災課の方からのアドバイスを取り入れ、作成をしています。調べたことだけではなく、どのように対処したらよいかを考え、マップに記入していきます。自分たちだけでなく、自分の周りの人たちにも役立つものを目指します。(4年生の作成した災害マップは「メニューの稲越小安全マップに掲載されています。)

1年生 さつまいも堀り

29日(木)、1年生の児童が生活科の学習の一環として育てたさつまいもの収穫体験をしました。さつまいものつるからさつまいもを掘り当て、たくさん収穫できたようです。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、調理は控えますが、家庭に持ち帰り、保護者の皆様とおいしくいただいてほしいと思います。

6年生 給食の献立を考えよう

28日(水)、6年生の児童が家庭科の「給食の献立を考えよう」という学習に取り組みました。谷地先生と大平先生のティームティーチングで指導を行いました。給食の献立を考えるうえで考えなければならないことについて学びました。年末には、「NO.1献立」を作っていただきます。子供たちがどんな給食を考えるか楽しみです。

授業参観

24日(土)、本年度はじめての授業参観が実施されました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護者の皆様にはなかなか子供たちの学校生活の様子をみていただくことができませんでした。まだまだ新型コロナウイルス感染は終息が見えないことから、今回の参観は人数や時間を制限してのものとさせていただきました。保護者の方々には参観の約束も守っていただき、たくさんの方に来校していただきました。本当にありがとうございました。子どもたちの学校生活の様子を伝える方法を工夫していきたいと思います。

今日の給食にはラッキーキャロットが入っていました。

23日(金)の給食は「ラッキーキャロット」が入っているお楽しみ給食でした。クラスに一つお味噌汁の中に「ハートのにんじん」が入っていました。入っていた児童には、後日デザートがつきます。「ラッキーキャロット」の入っていた皆さん、おめでとうございます。

3年生 交通安全マップ作り

21日(水)3年の児童は総合的な学習の時間の活動として、「交通安全マップ作り」に取り組んでます。昨日市川警察署の方にご指導いただきたことを、地域の中に入り、自分の目で見て発見する活動を行いました。(フィールドワーク)今日は東国分方面に行きました。少しより道をしました。これから子供たちが発見したことを安全マップに示していきます。

4年生 災害マップ作り

21日(水)、4年生の児童が総合的な学習の時間に「災害マップ」づくりをスタートしました。これまで稲越小では「交通安全」「防犯」については取り組んでいましたが、今年の4年生は「災害」への関心が高く、災害マップを作ることになりました。今日は、市川市役所  危機管理課  地域防災課の方にインタビューをした映像をもとに災害マップ作りの視点を学びました。稲越の地域は土砂災害や川の氾濫が考えられる地域という話でした。また、学校にある防災倉庫の中を見せていただきました。この後、フィールドワークに行き、災害マップ作りを進めます。

第1回校内授業研修会

15日(木)本年度、第1回目の校内授業研修会が実施されました。授業研修会は各学校で取り組んでいる研究を授業を通じて検証する研修会のことです。先生は日々、研究と修養に努める職業であります。今日は2年1組と2年2組と6年1組が授業展開しました。稲越小では算数を研究教科としていますので、2年生は「かさ」の学習、6年生は「場面を順序よく整理して」の学習に取り組みました。一人一人の「確かな学力」を身につけさせるために努めています。

 

東国分中ブロック学校運営協議会

10月14日(水)16:00より曽谷小学校を会場に「東国分中ブロック学校運営協議会」が開催されました。新型コロナウイルス感染拡大防止に努めての開催となりました。各学校のコロナ禍での学校の取り組み状況の報告、市川市教育委員会、学校地域連携推進課の職員の方による文字でのコミュケーションのワークショップを行い、交流を深めました。東国分中ブロックの児童・生徒・学校のために活動していただいている方々です。今後の一層の連携の図る機会となりました。

3年生 交通安全マップづくり

14日(水)3年生の児童が総合的な学習の時間に「交通安全マップ作り」に取り組み始めました。講師に市川警察署、交通課の方にご来校いただき、ご指導いただきました。今日は危険個所はどんなところかを教えていただき、実際に学区に出て危険な場所でもお話いただきました。狭い道、見通しの悪い道、坂道の下など丁寧にお話いただきました。次は担当場所を決めて、フィールドワークを行います。自分を守るため・自分の身近な人を守るために活動していきます。

カメラマンの職業の講話(キャリア教育)

13日(火)3校時、6年生の児童がキャリア教育の取り組みとして、卒業アルバムをお願いしているカメラマン方々にご来校いただき、カメラマンの仕事についての講話をしていただきました。カメラマンがどんな仕事をするのか。仕事のやりがい、仕事をする上で大切にしていること。カメラの撮影のテクニックなども教えていただきました。子どもたちも話に聞き入り、いろいろな質問をしていました。教えていただいたことをいかしていきたいと思います。2名の先生、ありがとうございました。

6年生 京葉ガス職員の方の職業講話(キャリア教育)

9日(金)5校時、6年生の児童がキャリア教育の一環として、京葉ガス広報室の方に職業講話をしていただきました。キャリア教育は、児童の社会的・職業的自立に向けて、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育です。学年に応じて様々な活動で行われています。今日は、京葉ガスのガス会社の仕事内容や仕事の充実感、仕事への思いなど子供たちにとって新鮮で興味深いお話でした。仕事について考える機会となりました。今後もいろいろな方のお話を聞かせていただきます。

5年生「夢の教室」

8日(木)5年生の児童が「夢の教室」の学習をZOOMを使って行いました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、体育館での活動が実施できませんでしたが、ZOOMを使った学習が実現しました。講師にキックボクサーの日本チャンピオン、今野顕彰様をお迎えして「夢」についてお話いただきました。なりたい職業ややりたいことはあっても「夢」について深く考える機会はあまりありません。今回5年生の子どもたちは、夢について考える貴重な時間をいただきました。夢の実現に向けて。がんばってほしいと思います。今野様、ありがとうございました。

本となかよし給食

7日(水)の給食は「本となかよし給食」の献立でした。「きつねのゆうしょくかい」のお話にでてくる「やきりんご」がデザートとして出てきました。「ほっと給食」ではありますが、栄養士の谷地先生、給食室の方々が工夫をして、準備していただきました。ぜひ、料理を通して、本にも親しんでほしいと思います。

文化芸術による子ども育成~芸術家派遣事業~

7日(水)5・6年生の児童が文化芸術による子ども育成~芸術家派遣事業~の活動を行いました。講師にダンスの先生、安西真幸様、安西千紗様にご来校いただき、ご指導いただきました。子どもたちは、体ほぐしの運動やグループごとにダンスの一場面を考え、みんなで音楽に合わせて、ダンスを作り上げました。子どもたちの感想に「はじめはむずかしいと思っていたけれど、踊ってみると楽しかった。」という言葉聞かれ、楽しく活動できたようです。この活動を通じて学び・感じたことをこれからの活動にいかしてくれると思います。

5年生 稲刈り体験

6日(火)5年生の児童が稲刈り体験をしました。6月から育てきた「苗」にみずやりを行い、大切に育てきました。今年は臨時休校もあり、田植えは少しずつしか体験できませんでしたが、暑かった夏や大風などの自然災害にも負けずたくさん稲穂が育てました。できたお米をどのように食べるのか、楽しみです。そして、5年生の学習はまだまだ続きます。次は脱穀の体験です。

 

10月の全校朝会

6日(火)放送による全校朝会が行われました。校長先生から「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句が紹介され、「わくわくスポーツデー」で子供たちが「やればできる!」の達成に向けてがんばったこと、助け合い・協力がすばらしかったことの話や日が暮れるのは早くなるこの時期、不審者には十分気を付けること。のお話。さらに健歯児童の紹介が行われました。今年度の10月は前期のまとめの月となります。新型コロナウイルス感染防止に努めながら、充実して学校生活を過ごしてほしいです。

わくわくスポーツデー2020

10月2日(金)、晴天の空の下「わくわくスポーツデー」が実施されました。制限のある中での活動や応援、参加者の方々にも検温・マスク着用等の新型コロナウイルス感染拡大防止に協力いただきました。その中で、子どもたちは「やればできる!」というテーマの実現に向けて、一人一人が徒競走や団体種目・演技にがんばりました。PTAの方々から参加賞もいただき、いろいろな思い出ができた「わくわくスポーツデー」となりました。