稲越ニュース

2020年3月の記事一覧

令和元年度 修了式・離任式

25日(水)、令和元年度の修了式・離任式が行われました。修了式は放送で、校長先生から次年度に向けてのお話がありました。学級指導後、校庭で離任式が行われました。とても悲しいことですが、「別れ」は必ずあります。これまでと違う突然のお別れに驚きの表情を浮かべ、お別れの式を行いました。校長先生を含め、5名先生方が稲越小学校を去ります。これまでお世話になった先生方、本当にありがとうございました。新天地でのご活躍を祈念いたします。

令和元年度 卒業証書授与式

門出を祝うかのように体育館脇で5羽の鶯の鳴き声が聴こえた19日(木)「卒業証書授与式」が挙行されました。練習の時間はほとんどない中、子どもたちは、立派に堂々と卒業証書を受け取り、呼びかけをおこなうことができました。この6年間の積み重ねの大きさを感じました。稲越小学校はこれから卒業生の「母校」となります。いつでも遊びに来てください。ご卒業、本当におめでとうございます。

卒業式前日準備

明日、稲越小の卒業式が行われます。稲越小の卒業生・卒業生の保護者の方々に少しでも多くの「稲越小の思い出」「卒業の思い」を味わってもらえるように先生方で様々な準備を行いました。いよいよ、とうとう明日が門出の日となります。

 

広報委員会の活躍

稲越小の広報委員会が、千葉日報社主催の新聞展に初チャレンジしました。みなさんのご存じに学校新聞「いなほ」です。広報委員の皆さんに頑張りで、「千葉県小学校長会賞」という素晴らしい賞をいただきました。今作品は全国の方へ進んでいるそうです。これまでの先輩たちから受け継いできたことを大切に、広報委員の先生にご指導を受けた結果が実を結びました。広報委員の皆さん、おめでとうございます。

市川市防災教育の日

11日(水)は「市川市防災教育の日」です。休校中のため、学校で学習することはできませんでしたが、9年前の今日、甚大な被害を受けた「東日本大震災」がありました。未だに大きな、大きな傷跡を残しています。今日は、テレビや新聞でこの日の出来事をニュースや記事を見るでしょう。今一度、ご家庭でこの震災について考え、自然災害への備えや避難についての約束事などを話し合ってください。災害はいつ起こるかわかりません。亡くなった方たちのためにも教訓として受け継いでいかなければなりません。