稲越ニュース

2020年1月の記事一覧

学校保健委員会

30日(木)、ぽかぽかタイムの時間に学校保健委員会が開催されました。給食・保健委員会の児童が、健康について考えるテーマの演劇を発表しました。「サザエさん」ファミリーが登場し、楽しくも大切な内容の劇でした。学校保健の取組や食育での取組が取り入れられたものでした。学校薬剤師の東橋先生からも健康について大切なことの確認や補足のお話がありました。健康にとって、大切な「食事」・「運動」・「睡眠」、学年に応じて自分自身の生活をを振り返る機会となりました。

校内授業研修会

28日(火)、校内授業研修会が実施されました。教員には研究と修養が義務づけられており、子供たちによりよい学習指導を行うために、年間を通じて授業研修会を行っています。今日、1年生と4年生の学級で授業展開が行われました。講師をお招きして、ご指導いただきます。先生方も学び続けています。

3年生 市内巡り

27日(月)、3年生の児童が、社会科の学習の一環で市内巡りに行ってきました。わたしたちの暮らす市川市の産業や施設などを見学しました。市川市役所仮本庁舎では、市民課や議会、秘書課を見学させていただき、中台神輿ミュージアムでは、神輿づくりの工程や職人の方の作業を見せていただきました。アイ・リンクタウンからの景色に子供たちは驚き、「稲越小」を一生懸命に探していました。この後、メモ用紙いっぱいに記録したことをどのようにまとめていくのか、楽しみです。

吹奏楽部「春のコンサート」に向けて

25日(土)、吹奏楽部の午後の練習に保護者の方が参加されました。これは3月7日(土)に行われる「春のコンサート」に向けての練習です。コンサートの中で保護者の方々と一緒に演奏する機会があるそうです。秘めた力を持っている保護者の方や演奏を楽しみたいという保護者、子どもたちとの演奏を楽しみたいなどの思いのある方々が集い演奏します。今日は保護者の方々の練習の2回目、お忙しい中、来校いただき、練習に励まれています。3月7日(土)のコンサートが楽しみです。

6年生 租税教室

24日(金)5時間目、6年生の児童が、「わたしたちのくらしと政治」の学習の一環として、「租税教室」をおこないました。講師に市川市役所 納税・債権管理課の方々を依頼し、実施しました。税のしくみや使われ方をわかりやすくご講義いただき、また札束の重さも体験させていただきました。実際にその仕事に関わっている方々の話を聞くことで、たいへん学びの多い時間とすることができました。

保護者ボランティアの方々による「読み聞かせ」

24日(金)、朝の活動の時間に、保護者ボランティアの方々による「読み聞かせ」が行われました。今回で2回目の「読み聞かせ」となりました。この日は保護者以外の地域のボランティアの方にも協力いただき、、全クラスで「読み聞かせ」を行っていただきました。子どもたちが「本に親しむ」時間となりました。

1・2月のお誕生日給食

24日の給食の時間は、1・2月のお誕生日給食の日でした。今日のメニューはドライカレーでした。お誕生日を迎えた皆さんは放送委員の児童にインタビューを受けながら、おいしく給食をいただきました。今回は校長先生もお誕生日給食で会食しました。お誕生日のみなさん、おめでとうございます。

校内百人一首大会

23日(木)、ぽかぽかタイムの時間に「校内百人一首大会」が行われました。友達と楽しみながら、百人一首をすることで、和歌に親しみ日本の伝統文化に触れる機会となることを目的に取り組んでいます。子供たちは集中して、読まれる和歌をよく聞いて、勝負にのぞんでいました。

3年生 市川市歴史博物館見学

22日(水)、3年生の児童が社会科「昔のくらしや道具」の学習の一環として、市川市歴史博物館に見学に行きました。展示物の見学だけではなく、蚊帳や洗濯干し、黒電話などの体験やわらぞうりを履いたり、「灯り」の体験も行わせていただいたりしました。職員やボランティアの方に丁寧にわかりやす説明していただき、子供たちはいろいろなこと知り、考えてきました。この後、学習したことを整理します。いろいろな感想がありそうです。

給食記念日

20日(月)の給食は「給食記念日」ということで、明治22年の給食のメニューでした。当初はご飯やおかずも家庭から持ち寄った野菜や煮物やみそ汁だけという内容だったようです。恵まれた現在、食べ物を大切にする心を持ち続けましょう。