稲越ニュース

2019年7月の記事一覧

水泳教室

24日(水)、寺子屋教室終了後「水泳教室」が実施されました。今年の夏は梅雨が長く、なかなかプールに入ることができず、前半の希望者は水泳教室が実施できませんでしたが、今日は久しぶりの晴れ、意欲的に練習していました。

寺子屋教室

22日(月)、令和元年度の寺子屋教室が行われました。今年も国分高校の学生の方々や地域の方々にお世話になり、学習を進めています。子どもたちはわからないことを質問したり、まるつけをしてもらったり、うれしそうに学習に取り組んでいました。短期間ですが、寺子屋教室は実施されます。その後も継続して学習に取り組めるようご協力お願いいたします。

ひばり組奉仕作業

20日(土)10時よりひばり組のお父さんたちによる奉仕活動を行いました。今日は4階の教室の扉のペンキ塗りを行いました。扉をはずし、マスキングをし、ローラーを使って作業を行いました。4階の廊下がとても明るくなりました。その後、お手伝いをしてくれた子どもたちが「スカイ割り」をしました。センスのよい子どもたちで一発で、スイカを割っていました。みんなでおいしくいただきました。お休みにもかかわらず、参加していただいたお父さんたち、本当にありがとうございました。奉仕活動は続けていきますので、多くのお父さんたちに参加していただき、交流の機会としていただければと思います。

1学期終業式

19日(金)、1学期の終業式が行われました。生徒指導主任の田畑先生からは①規則正しい生活を送ること②勉強やお手伝いをすること③お金の使い方の3つのお話がありました。教頭先生からは「安全」な夏休みの過ごし方について、これまで学校や家庭で話されたことについてのふり返りがありました。「自分の命は自分で守る。」を考え、行動できるようにというお話がありました。最後にこの夏、「ダブルタッチ」の世界大会(ダブルタッチコンテストワールド2019・東京開催)に参加する三角先生の紹介がありました。世界1位を目指すという宣言がありました。

休み時間の避難訓練

18日(木)業間休み、予告なしの緊急地震速報による避難訓練を実施いたしました。地震はいつ起こるかわかりません。その時に日々の学習や訓練で身につけたことを行動しなければなりません。今日は、教室にいる児童、廊下を歩く児童、校庭で遊ぶ児童と居場所はまちまちしたが、全員が避難することができました。次回への課題もありますが、訓練を継続して、自分の命は自分で守れる児童を育成していきます。