稲越ニュース

1年生 人権教室

26日(水)、1年生の児童が人権擁護委員会の井上様をお招きして、人権教育の学習を行いました。人権教育の目標は、一人一人の児童生徒がその発達段階に応じ、人権の意義・内容や重要性について理解し、「自分の大切さとともに他人の大切さを認めること」ができるようになり、それが様々な場面や状況下での具体的な態度や行動に現れるとともに、人権が尊重される社会づくりに向けた行動につながるようにすることです。今日は日常でおこりそうなお話をもとに考えました。また、ぽかぽか言葉やちくちく言葉についても考える機会となりました。