平田小ブログ

2021年9月の記事一覧

たんぽぽ学級 研究授業

たんぽぽ学級が、一クラスずつ研究授業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「目指せ 買い物上手」というテーマで、各学年の実態に応じたお金の数え方、合計金額の出し方、支払い方の学習を行いました。

どの児童も、一生懸命に取組んでいました。

学習したことを生活に生かせるといいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢アートプロジェクト④

市川工業高校インテリア科の皆さんが、夢アートプロジェクトの経過報告に来校されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月のインタビューの分析結果や専門家のアドバイスから、おおまかなデザインの方向性や工程が提案されました。

来月中にデザインが決定し、まずはさび落としから始まる予定です。

 

第3回学校運営協議会

第3回学校運営協議会を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短時間で情報交換などを行いました。

委員の皆様、ありがとうございました。

 

 

学習の様子2年生 4年生

晴天の下、2年生が体育の学習をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達との間隔をあけて、鉄棒と縄跳びをしていました。

窓を全開した音楽室では、4年生が歌を学習をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスクをしたまま、CDに合わせてつぶやくような小さな声で歌っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年生 研究授業

4年生が研究授業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

算数「式と計算の順じょ」を1つのクラスを2コースに分けた少人数指導で行いました。

授業の様子をタブレットで写し、先生方は他の教室から参観しました。

どちらのクラスの子どもたちも、がんばって考えたり発表したりできました。

 

 

パラスポーツ体験型出前授業「あすチャレ!スクール」

5年生が、パラスポーツ体験型出前授業「あすチャレ!スクール」を行いました。

体育館の窓はすべて全開し、2台の大型送風機を回しながら、感染予防を徹底しながら行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年度の9月にも来て頂いたパラリンピックメダリストの永尾嘉章(ながおよしふみ)に、今年も来ていただくことができました。

永尾さんは、1988年ソウルから2008年北京まで6期連続、2016年リオパラリンピツクを含め7回車いす陸上出場というすばらしい経歴の持ち主です。

子どもたちは、生活用、レース用、バスケット用の3種類の車いすについて実演を交えて教わりました。

車いすリレーの後は、手指の消毒を行いました。

永尾さんのお話からは、「困難に合ってもあきらめないこと、工夫すれば乗り越えられること」など、大切なことを学べました。

学校教育目標「夢をもち、たくましく生きる」ことにつながってくれればと思います。

永尾さん、スタッフの方々、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

2年生の絵日記

今週火曜日には1年生の絵日記をご紹介しましたが、今日は2年生の絵日記を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生の日記からも、子どもたちの夏休み中のがんばりや楽しさがたくさん伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

しあわせのバケツ

来週から始まる「平田小人権週間①」に先駆けて、「しあわせのバケツ」の読み聞かせを行っています。

各学級ごとに今週中都合の良い時間に、学校司書の先生の読み聞かせをビデオで視聴します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「しあわせのバケツ」は、昨年度も人権週間の中で取り組みましたが、「世界中のどんな人も心にバケツをもっていて、そのバケツは人を喜ばせるといっぱいになり、嫌なことをすると空になってしまう。」というお話です。

 

 

 

オンラインホームルーム 5.6年生

放課後に5、6年生がオンラインホームルームを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの児童が自宅から参加し、担任の先生から出されたクイズや問題に答えた後、ジャストスマイルドリルに取組んでいました。

昨年度のオンラインホームルームは、各御家庭のPCやタブレットでつながりました。

その経験をもとに今年は児童一人一人が同じタブレット端末でスムーズにつながることができました。

ご協力ありがとうございました。

実施後、先生方からいくつかの反省点、改善点がでましたので、今後に生かしていきたいと思います。

 

 

1年生の絵日記

1年生の廊下には、夏休みの絵日記が掲示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍の夏休みとはいえ、どの日記からも子どもたちのがんばりや楽しさが伝わってきます。