二俣小ニュース

3年 さつまいもほり

3年生は、農家の方にご協力いただき、総合的な学習の時間に学区の畑でさつまいもほりを行いました。

初め、農家の方に、さつまいもの育ち方、つたや葉などのつくり、その畑で育てられている他の野菜について話をしてもらいました。

次に、本校の栄養教諭から、紫いもと酢や重曹を使っていもの色が変わる実験を行い、サラダのいろどりの工夫について学習しました。

最後に、土を掘り返し、いもほりを行いました。時期としては少し遅めのいもほりでしたが、大きなさつまいもがたくさんとれました。「ポテトサラダを作って、その作り方を自学ノートに書こうかな。」「きっと、お母さんびっくりすると思う。」「こんなに大きなさつまいも見たことない。」などの喜びと驚きの声を聞くことができ、子供たちの顔がほくほくとほころんでいました。