二俣小ニュース

本日の給食(千産千消デー)

今日は、近隣の小・中学校(高谷中、信篤小、稲荷木小、鬼高小)合同で千産千消デーメニューを提供しました。

献立内容もほとんど同じで、千葉県のおいしい恵みをたくさん使いました。

千産千消とは、地産地消の意味で、千葉県の「千」を使って、千葉の豊かな恵みを表現しています。

地域でとれた食べ物をその地域で消費する(食べる)ことは、安くて新鮮で、おいしいものが食べられるだけでなく、輸送に必要なガソリンの量を抑えられるなど、環境にも優しいと言われています。これをきっかけに、豊富な千葉県の食べ物に関心を持ってほしいと思います。

今日は、主な食材12個中、9個(お米、さつまいも、さば、牛乳、きゅうり、かぶ、にんじん、だいこん、小松菜)が千葉県産でした。

 

 

【献立】

さつまいもごはん

鯖の竜田揚げ

きゅうりの甘酢漬け

市川汁

牛乳