学校の様子

学校生活

担任愛

 

あるクラスの生徒の作品です。

「グッディ」です。

担任の先生の口ぐせから生まれた植物(生き物?)なのか、

作品から担任への愛を感じました。

生徒の作り出す物は一生の宝物です。

福栄中生の純朴な姿に本当に感服いたします。

教具

気持ちよさそうに2年学年室で黄昏れている人は・・・。

 

よく見てみると、理科で使う教具でした。

人体についてでしょうか。

昔、理科室におぞましく飾られていた物とは違い、

今の教具は非常によく出来ています。

 

理科だけでなく、様々な教科で職員は色々な教具を使用しています。

より福栄中生に分かりやすく学習してもらう工夫をして授業を展開しています。

最近では、大型提示装置(大型テレビ)にパソコンやタブレットのファイルを映し出し、

パワーポイントで授業をする先生も増えています。

ICTの活用です。

より効率的に、そしてより分かりやすく学習してもらう環境を模索しながらも整えている

福栄中です。

当選

 

本日7時55分。

当選者が発表されました。

候補者全員が当選となりました!

改めて、おめでとうございます。

また、今後の活躍を期待しています。

最後に、選挙管理委員の皆さん、ありがとうございました。

第44期生徒会役員選挙

 

    本日は第44期生徒会役員選挙。

昨年度は全クラス、映像での実施となりましたが、

今年度は2学年のみ体育館に入り、ステージ上で立会演説会を実施しました。

1、3年生は事前収録の映像を使用し実施しました。

来年度、最高学年として福栄中を牽引する第2学年が体育館に入りました。

録画でも緊張するわけですが、

実際に生での実施となると、ステージ上での代表者(立候補者・推薦責任者)たちは

不安と緊張に飲み込まれそうな心境だったことと思います。

それでも、そんな気持ちを微塵も見せずに、堂々とした演説を披露しました。

私も片隅で拝見いたしましたが、「立派」という一言に尽きる立会演説会でした。

投票も市川市から記載台と投票箱を借りての実施です。

18歳から選挙権を持つ中学生。

この本物を再び使用する日もそう遠くはありません。

放課後は、選挙管理委員による開票作業が予定されています。

生徒会という学校最高組織の役員を決めるにあたり、

これだけ事前に準備を整え、今日本番を迎えているということです。

まずは、立会演説会で話をしてくれた生徒の皆さん、お疲れ様でした。

また、本日を迎えるにあたり、長きに渡り、準備をしてくれた選挙管理委員の皆さん、ありがとうございました。                           

当たり前のことを当たり前に

只今は自主活動支援中ですが、各場所で活動している部活動では、

顧問の先生から日々指導を受けています。

日頃の姿勢が必ず表れるものです。

挨拶、動き…日々の活動を通して、人として大きく成長していきます。

部活動の存在は中学校生活において、とても大きな意味を持つ活動の1つです。

カバンがきちんと並べられています。

部員にとっては当たり前のことです。

部活動によっては靴をきれいに並べている部があったりと、

当たり前のことだけど、その当たり前が普通にできる部は強いです。

日々、努力を積み重ねてきたものは、瞬間的なものでは太刀打ちできません。

コツコツと積み重ねてきたことが、重要な局面で花開くのです。

部活動に限らず、何事にもこれは言えることだと思います。