学校の様子

学校生活

行事

コロナの影響でいろいろな行事ができなくなっている状況の中、

3年生は中学校生活最後の年を思い出深い一年にしようと、できる範囲での行事を行おうと頑張っています。

自主・自立

これまでは、教員が暑さ指数を確認して、熱中症予防の呼びかけをしていましたが、

今週月曜から、実際に今現在の暑さ指数を生徒たちが知り、自ら危険を回避できるようにと、

廊下に指数計を置くことにしました。(もう少し早く置ければよかったのですが…)

学校教育目標である【自主・自立】、こういう場面でも育てていきたいです。

 

教具の工夫

社会の授業では、教科担任が教具を準備し、

生徒たちが実感を伴って学べるよう、工夫しています。

 

パンパスグラス

先週、校長室前の廊下に『パンパス』という植物が生けてありました。

見慣れないので調べてみたら、『白銀葦(しろがねよし)』ともいうようです。

葦(あし)といえば、校歌の中にも表れます。まっすぐに成長している生徒たちに重なりました。

授業の質

2学年の評議委員会は、自分たちで授業の質を向上させようと、

各時間、教科担当の先生から評価をいただき、各クラスの扉にその結果を掲示する活動をしています。

教具や教材の工夫もさることながら、『学びたい!』と思うその気持ち、何よりも大切です。