ブログ

1月10日(金)令和2年 最初の読み聞かせ

 冬休みが明けて5日目。この日は、新年初めての読み聞かせ。

 始業前は、各学級で、保護者の方による読み聞かせがありました。2年3組のお話は、「つんつくせんせいと つんくまえんのくま」。子どもたちと熊が同じ日に遠足に行って、大騒ぎになるお話に、聞いていた子どもたちは興味津々に聞き入っていました。

 4年3組のお話は、「ボクにできること」。立派な牧羊犬になりたいと願う犬のがんばりに、大きく心を動かされたようでした。

 業間時間には、『おとぎの部屋』で、図書ボランティアの方々による読み聞かせです。この日は、「まよなかかいぎ」と「ヤダとイイヨ」の2つのお話でした。

 ボランティアの保護者の皆さんは、どんなお話を読み聞かせしようかと、選書をとても工夫してくださっています。子どもたちのためによい本に触れる機会を提供してくださる保護者の皆さんに感謝を申し上げます。