ブログ

学校の様子

2月15日(土)学習参観

 普段は休業日ですが、この日は学習参観(2~5校時)でした。たくさんの保護者の方々が参観される中、生活科や総合的な学習の時間における発表会や外国語科など、多様な授業を展開しました。

 その中で、今回の参観の特色の一つが、「全校道徳」の実施です。全学級で「特別の教科 道徳」を展開しました。道徳の授業は、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てるために、学校教育全体で行う「道徳教育」の要になるものです。本日の授業で取り上げた道徳的価値について、ご家庭で話し合っていただければと思います。

2月13日(木)6年生租税教室

 6年生は、社会科の学習で、政治や経済について学びます。この日は、千葉県税理士会市川支部から講師の先生を迎え、「税」について学びました。税の専門家である税理士の方から、税の必要性や使い道などについて詳しく学びました。

体力作り(持久走)

 体力作りの一環として、体育の時間に5~10分間走(時間は学年により異なります)を行っています。持久走は「動きを持続する力を高める」をねらいとしています。体に過度の負担をかけないよう自分に合った同じペースで走ることが大事で、「速く」「長く」走ることを競うものではありません。子どもたちが体調を整えて走ることができるよう、健康管理にご協力をお願いします。

「あたたかい言葉」

 この写真は、保健室前の廊下の掲示物です。保健委員会の子どもたちが作りました。「あたたかい言葉」とは、『その言葉を聞くといい気持ちになる言葉』です。学校では、「ふわふわ言葉」ということもあります。「こんな言葉が子どもたちの周りにあふれたらいいな。」と思いました。

5年生校外学習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月27日(月)に、5年生は「NHKスタジオパーク」・「朝日新聞社」に校外学習に行きました。社会科で「わたしたちのくらしをささえる情報」を学習しており、体験型ブースに参加したり、案内の方の話を食い入るように聞いてメモをとったりと、どちらの施設でも子どもたちは高い興味関心を示し、意欲的に学習に取り組んでいました。

1月24日(金)避難訓練

 児童には予告なしで、大きな地震を想定して一次避難をする「聞き取り訓練」をこれまで2回行ってきました。この日の業間時間は、「聞き取り訓練」を経て、二次避難で校庭に集まるところまで行いました。担任が近くにいるとは限らない中、避難の約束を守り、速やかに避難することができました。

1月23日(木)授業研修「特別の教科 道徳」

 これまで日本の道徳教育を推進してこられた 元 東京家政学院大学の 長谷 徹 先生を講師に迎え、道徳の授業について研修会を行いました。道徳の授業は、学校における道徳教育の要となります。6年4組で授業を展開しましたが、ねらいとする道徳的価値について、児童が考え、友だちと議論し、自らを振り返り、これからの生活に活かそうとする姿勢が伝わってきました。