ブログ

10/14 教員相互の授業参観&自主研修会

 教員の授業力向上を目的に、本校では教員相互の授業参観と毎週水曜日の自主的な研修会(「主体的・対話的で深い学び」の授業づくりについて教科を越えて検討し合う)を行っています。今日は、相互の授業参観(3年公民)と、放課後、2年数学に関する自主研修会がありました。
 公民では、日本の平和主義という単元で「憲法第9条」について、生徒同士の活発な意見交換がありました。「憲法の条文を読んで疑問に思うことはないか」の発問に始まり、自衛隊の存在について、賛成(赤いカード)、反対(青いカード)で意思表示をしながら、その理由や根拠について考えました。資料等を参考にしながら、各自が時間をかけて考えた結果を発表し合いました。国際貢献やPKO(国連平和維持活動)、災害時の復興支援、自衛隊の在り方と憲法に書かれている内容との矛盾など、様々な意見が出て、それを聞いて考えが変わった人やまだ迷っているという人もいました。
 最後は、「何が正解か」ということではなく、「国民主権」が大前提である以上、一人一人が考える必要があるということで授業は終了しました。










 自主勉強会では、10月28日の授業研究会(指導課の指導主事を招致)の内容について検討しました。参加した先生たちは、数学が苦手な生徒の気持ちになって、より良い授業づくりのアイデアを出し合っていました。