ブログ

10/16 鶴風祭~合唱コンクール~

 廊下に響き渡る歌声が日に日に完成度を増し、それを聞いてホッとしている自分がいました。コロナ禍で様々な制約があり、断腸の思いで中止にせざるを得なかった行事がある中、前を向いてできることに精一杯取り組む生徒たちの姿に、いつの間にか、私たち教職員が力をもらっていました。
 今日の合唱コンクールも、前例のないマスク着用で、さらに生徒同士の距離をとり、観客もゼロ。生徒たちは他のクラスの合唱を教室の大画面テレビで見ていました。

 はじめは、1年生とのぞみ学級の合唱。そのクオリティの高さに驚きました。決してお世辞ではなく、よくぞ、この状況、この短期間で仕上げてきたものだと感心しました。
1年1組1年2組1年3組1年4組1年5組1年6組







のぞみ学級

 








 






 

 次は2年生。みんなの声が1つの音となって、さらに完成度の高いハーモニーが体育館いっぱいに響き渡り、そのバランスのとれた美しい歌声に圧倒されました。

2年1組2年2組2年3組2年4組2年5組2年6組








 







 最後は3年生。変声期を過ぎ、広がった音域で歌われる合唱には、1、2年生には表現できない魅力があります。そして、毎年、先輩を見て「いつか、あんな歌を歌いたい」という熱い思いが生徒たちの意欲を掻き立て、クラスの絆となって、わずかなミスも許さない美しいハーモニーが生まれます。各クラスの合唱を聴いていて、何度も感動で胸が熱くなりました。

3年1組3年2組3年3組3年4組3年5組3年6組
















  今年も来てくださった2名の審査員の講評にもありましたが、結果は別にして、クラスで「発声をどうしようか」「ハーモニーは美しいか」と悩みながら話し合い、創り上げてきたという思い出はなくなることはありません。そして、その努力はマスクを物ともせず、「鶴風祭(合唱コンクール)」に感動の新たな1ページを刻みました。
 以下が結果になりますが、本当に僅差で、コロナ禍でも、こんなに素敵な合唱を創り上げた全ての生徒を心から誇りに思います。

最優秀賞 3年5組

優秀賞  3年2組 3年5組 2年3組 2年6組 1年5組 1年6組

特別賞  のぞみ学級

指揮者賞 3年5組指揮者 3年4組指揮者 1年3組指揮者 (個人名は省略)

伴奏者賞 3年2組伴奏者 3年5組伴奏者 2年3組伴奏者 (個人名は省略)