ブログ

2/4 国語の授業風景(1年生)

 ヘルマン・ヘッセの「少年の日の思い出」の導入部分の授業風景です。目標は、「人物相関図を作り、人物像を捉える」です。教員相互の授業参観の場として、他の教員にも参考になる授業でした。
<1時間目>
 生徒たちは班で話し合いながら、人物相関図を作り始めました。最初は話し合いがなかなか始まらずどうなることかと思いましたが、いつの間にか活発な意見交換が行われ、少しずつ人物相関図が形になってきました。
<2時間目>
 作るときのポイントや他の班の例示もあって、さらに人物相関図の構成が整理されていきました。
<3時間目>
 各班が作った人物相関図について、班ごとに発表することになりました。自分たちの考えをどうしたら上手に伝えられるか班の協力が試されます。違う班の考えを知ることで学習が一層深まっていきました。

1時間目2時間目3時間目