ブログ

3/19 和食のマナー~1年家庭科~

 日本の伝統文化でもある「和食のマナー」についての学習でした。生徒たちは、事前に用意されたプリントにメモを取りながらビデオの説明を真剣に聞いていました。日本人でも正しくできる人がどれくらいいるか疑問ですが、初めて聞く色々な決まり事やマナーに興味津々でした。敷居や畳のへりを踏まないことや席の座り方、座礼では相手と目を合わせないようにすることなどを学びました。
 さらに、日本料理を食べる時のマナーでは、箸やお椀の持ち方、魚の食べ方、お刺身のわさびの使い方などについて学習していました。やってはいけない箸の使い方では「探り箸・移り箸・刺し箸・渡し箸・寄せ箸・迷い箸・振り上げ箸など」を知りました。ご飯をおかわりする時には「少し残しておく」という決まりは、普段の自分の生活とは違ったようで少し驚いていました。