ブログ

11/19 気体の発生~1年理科~

 数種類の物質から、酸素、二酸化炭素、水素の3つの気体を発生させる実験です。事前に知識として、気体が発生する仕組みや収集の方法、気体が何かを確認する方法については学習していますが、細かな注意点は示さずに(安全面での注意点は別です)実験させました。生徒たちは、互いに実験に必要な物質や道具、実験方法などを話し合いながら実験を進めていましたが、なかなか思うような結果がでません。
 実はそこに先生のねらいがありました。事前に注意点を知らされていれば、実験が成功する確率は当然高くなります。しかし、敢えて注意点を示さないことで失敗もさせ、「なぜ、うまくいかなかったのか」も含めて考えさせようとしていたのです。この学びは、実際に試行錯誤しながら実験を行ったからこそ気付くことができる貴重な経験です。「失敗から学ぶ」ことは、大切な視点だと思いました。