ブログ

2/16 優しさ

 昨日の夕方、地域住民の方から学校にお電話をいただきました。内容は「下校途中の八中生が、家の前で倒れていた高齢の男性を助けてくれた。その姿に感動したので連絡をしました。」というものでした。今日、確認したところ、2年生の男子4名であることがわかりました。
 コロナ禍で人と人との繋がりが薄れがちな昨今ですが、心温まる出来事でした。困っている人を見て、自然と体が動いた生徒たちも立派ですが、八中生を温かく見守ってくださっている地域の方々の優しさに触れ、地域と学校がともに子どもたちを育てていることを再認識することができました。
 なお、このブログは、八中のことをより多くの方々に知っていただくための大切なツールだと考えています。地域の方々にも見ていただけると嬉しいです。