ブログ

9/16 数学~理由を考える~

 1年数学、「文字の式」の単元です。この日は文字式の計算の導入で、課題は「5x+3x」を計算すると何になるか?というものです。生徒の予想は、8xと8xでした。
 そこで、先生から「なぜ、そうなると考えたのかを説明しましょう」という課題が出されました。
 一部の生徒たちが「文字が同じなので、5+3を計算して8になり、それにxをつけて8xになる」と書いていました。しかし、これは計算の仕方であって、先生が求める答えではありません。そこで、小学校時代の既習事項を思い出させ、考えるためのヒントとして「言葉の式」や「図」、「線分図」、「テープ図」、「面積図」などを板書すると、今度はほとんどの生徒が説明を考えることができました。
 最後に、いろいろな考えがあることをみんなで共有し、考え方の共通点や相違点を確認し合い、まとめとなりました。数学的な見方や考え方を身につけることを目的にした良い授業でした。なお、この授業は、教員相互の授業参観の一環として2人の先生が同じ授業を行い、他の先生も参観しました。