ブログ

八中ブログ

9/18 救急救命~2年保健体育~

 本校では、毎年、保健体育の時間に「救急救命」の講習を行っています。
 人工呼吸や胸骨圧迫、AED(自動体外式除細動器)の利用など、心肺蘇生の手順に従って全員が体験しました。命を守るために身につけておきたい大切なスキルです。胸骨圧迫は見た目以上に力が必要ですが、みんな真剣に取り組んでいました。これをきっかけに自他の命の大切さについても学んでほしいと思います。

9/18 第2回学校運営協議会

 協議に先立ち、委員の皆さんに廊下から授業の様子を見ていただきました。その後、図書室で、学校評価の結果についてご意見を頂戴しました。多くの授業でICT(大画面テレビ)が活用されていて、それが「わかる授業」の評価が上がったことに繋がっているのではないかとのご指摘や、コロナ禍における学校の対応についても、ご意見をいただきましたが、感染防止に努めながら、新型コロナ前の学校教育に近づけていくには、まだまだ課題が多いと感じました。
 今日の貴重な意見を参考に、これからも生徒たちのために工夫・改善に努めていきたいと思います。

9/16 数学~理由を考える~

 1年数学、「文字の式」の単元です。この日は文字式の計算の導入で、課題は「5x+3x」を計算すると何になるか?というものです。生徒の予想は、8xと8xでした。
 そこで、先生から「なぜ、そうなると考えたのかを説明しましょう」という課題が出されました。
 一部の生徒たちが「文字が同じなので、5+3を計算して8になり、それにxをつけて8xになる」と書いていました。しかし、これは計算の仕方であって、先生が求める答えではありません。そこで、小学校時代の既習事項を思い出させ、考えるためのヒントとして「言葉の式」や「図」、「線分図」、「テープ図」、「面積図」などを板書すると、今度はほとんどの生徒が説明を考えることができました。
 最後に、いろいろな考えがあることをみんなで共有し、考え方の共通点や相違点を確認し合い、まとめとなりました。数学的な見方や考え方を身につけることを目的にした良い授業でした。なお、この授業は、教員相互の授業参観の一環として2人の先生が同じ授業を行い、他の先生も参観しました。

9/15 生徒会役員選挙に向けて

 朝、正門前では、生徒会役員に立候補した9人の「〇〇をよろしくお願いします!」という元気な声が飛び交っています。役員選挙に向け、給食の時間にも各自が思い思いの選挙公約を放送で全校生徒に伝えています。

9/14 体育祭~結果~

 今日から、3年生の高校入試のための面接練習が始まりました。たった6人でしたが、中学校の一番の思い出を聞いたところ、3人が体育祭と言っていました。3種目だけの体育祭でしたが、生徒たちの心には楽しい思い出として刻まれたようです。
 結果は以下のとおりですが、精一杯やり切ったという思いが何より大切だと思います。後輩に最後の勇姿を見せてくれた3年生に感謝したいと思います。

<学級対抗リレー(団体種目)>            <8の字飛び(団体種目)>
 1年生  1位:1組  2位:2組  3位:3組   1年生  1位:5組  2位:2組  3位:3組
 2年生  1位:6組  2位:2組  3位:3組   2年生  1位:2組  2位:6組  3位:1組
 3年生  1位:6組  2位:5組  3位:4組   3年生  1位:1組  2位:5組  3位:4組

【学年別 学級対抗(総合順位)】
 1年生  優勝:2組  準優勝:1組  3位:5組
 2年生  優勝:6組  準優勝:2組  3位:5組
 3年生  優勝:6組  準優勝:5組  3位:1組

9/11 体育祭~大成功~

 今年度は内容を大幅に縮小し、午前中だけの保護者の参観なしの体育祭でした。しかし、3年生にとっては最後の体育祭。様々な学校行事が中止となる中で、何とかして実施してあげたいと願う教職員の思いから、熱中症や新型コロナに注意しながらの開催となりました。
 朝のスタートは、大きな雲が太陽を遮ってくれ、さほど暑くなかったのですが途中からは雲が味方してくれず、1種目終わるごとに休憩を入れ、冷房のきいた教室でクールダウンさせ、水分補給させてから競技を再開しました。









 種目は、全学年、「80m走」、「8の字飛び」、「学級対抗リレー」の3種目でしたが、全力で競技に取り組む姿に感動をもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に、中学校最後の体育祭となる3年生は、応援にも一段と熱が入り、みんなの笑顔が輝いていました。「実施できて本当によかった!」と思えた瞬間でした。熱中症の生徒も一人も出ず、ホッとしました。

9/10 体育祭~前日練習&準備~

 1年生は、1・2校時、2年生は、3・4校時に学年練習がありました。授業の間の休み時間を長くとり、前半の練習終了後に一度教室に戻して、冷房のきいた教室でクールダウンしてから後半の練習を行っていました。それでも数名、体調を崩す生徒が見られたので、明日は熱中症に十分警戒しながら、思い出に残る体育祭にしたいと思います。
 放課後は、部活動の生徒たちが明日の準備をしてくれました。テントの準備や校庭の石拾いなどの環境整備、トイレへの通路の準備など、こうした影の主役たちに感謝しつつ、みんなの体育祭が大成功に終わることを願っています。
 明日の本番、生徒たちには帽子(指定はありません)を必ずかぶるように指導しています。ご家庭でも一声おかけください!

 <午前中の練習>

 

 

 

 

 


<放課後の準備>

9/8 授業風景 ~体育・数学~

<2年体育>
 11日の体育祭に向けて、実際に走ることができました。とは言っても、熱中症対策として、暑い日はできるだけ激しい運動を避け、入退場や競技の流れを確認する程度で、暑さ指数が「31」になると運動は中止にしているので、十分な準備の時間はとれていません。それでも、体育祭を実施するのは、仲間との絆を実感できる貴重な場だからです。当日、少しでも暑さが和らぐこととを祈らずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

<1年数学>
 1年生の数学は、TT(ティーム・ティーチング)と言って、主になって教える先生以外に、もう1人、個に応じた支援をする先生が入って2名で行っています。この時間は、式の値の問題を解いて、その解き方を生徒が前に出て説明していました。人に説明することは、自分の解き方を振り返ることになり、加えて「伝える力」も身に付きます。当たり前のことですが、授業においても主役は生徒ですから。

9/7 「帰れま10」~2年社会科編~

 鎌倉時代に関する様々な知識を確認する授業です。今は、思考力や判断力、表現力が重視される傾向がありますが、その土台となるのは知識です。既習の知識がなければ、考えたり、議論したりすることはできません。そこで、テレビ番組の「帰れま10」を真似して、全員が立った状態で問題を考え、全員が正解して座るまで終われないというルールで授業が展開していきます。難易度は難問からやさしい問題まで様々で、やさしい問題はわざと答えず、最後まで残って難問を解きたいという生徒も見られました。因みに、的確なヒントもあり、全員正解できています。
 ともすると単調で面白くない知識の暗記ですが、ICTの画像を取り入れたゲームのような授業に、みんなとても盛り上がって楽しそうでした。

9/4 パッケージデザイン ~2年美術~

 各自が飲料水の商品名を考え、その紙パックをデザインする授業です。持参した紙パックの成分表示やデザインを参考にして、オリジナルの飲料水を考え、それに合った紙パックをデザインしていきます。教師から与えられたものを描くのではなく、自分がイメージした飲料水だからこそ、豊かな発想が生まれ、創作意欲も高まるのだと感じました。みんなとても楽しそうに取り組んでいました。
 因みに、この「パッケージデザイン」の授業は、高校の先生との教材研究の中で生まれたものだそうです。