四中ニュース!

2月25日「人権教育」

 今年開催予定の東京パラリンピックでは「多様性と調和」を掲げ、人種や性別、宗教、障害の有無など、あらゆる違いを互いに認め合う社会の実現を目指していますが、まだまだ日本には多くの人権上の課題が存在するのが現実です。そこで、本校では、一人ひとりが人権意識を高め、お互いに尊敬しあえるように成長することをねらいとして、毎月「人権チェック」を実施しています。加えて、例年、12月の人権週間を機会に人権標語コンクールを実施し、生徒・保護者の皆さんから投票いただいた優秀作品を1棟玄関正面の中央階段に掲示しています。未来を担う生徒たちが、日ごろから人権標語にふれ、意識を高く持ち、差別のない世界、差別で悲しむ人がいない世界を構築してほしいと願っています。