ブログ

10月4日 榎祭

 10月4日(金)に令和元年度 榎祭を行いました。

 一中は、昭和34年に第一回の文化祭が行われました。

 「榎祭」という名前となったのは、昭和63年頃から使われ始め、時代とともに変化しながら一中の歴史を刻んできました。

 令和となって初めての榎祭は、午前中はさわやかな歌声が響き、午後は、各委員会の発表で大いに盛り上がりました。

 榎祭実行委員長の滝井くんの言葉で榎祭がスタートしました。

 美術部による今年のスローガンをモチーフにした垂れ幕が紹介されました。

 吹奏楽部によるスペシャルメドレーに会場のボルテージがあがりました。

 3年生の学年合唱に聞き入る保護者の大ギャラリー

3年3組の合唱「証」が最優秀となりました。

国府台高校前校長 石塚先生と指導課 佐藤先生に厳正なる審査と講評をいただきました。

休憩時間に、体育館の展示物を見学しました。

院内学級の展示です。和洋中の先生2名の授業で教えていただいた作品たちです。

筑波聴覚支援学校の皆さんの作品です。2年生の合唱を聞きに来てくれました。

体育委員会が作成した体力テストの掲示です。

放送委員会による体育祭を振り返るスライドショーです。

保健委員会によるスマホが体に与える影響と改善方法を考える機会となりました。

図書委員会が薦める本3冊を劇をまじえて紹介しました。

中央委員会から魔王と勇者との校則違反について戦いを劇にしました。

生徒会企画として滝井くんが推理で様々な校則違反者を再生させるお話でした。

最後に午前中の合唱祭の発表があり、指揮者演奏者を含む表彰を行い、本年度の榎祭が終わりました。